« 白は良い | トップページ | また登場ですみません。 »

2008年7月21日 (月)

これからの楽しみ1

'08/7/21の栽培場所(屋外)気温 最低気温28℃ 最高気温35℃ 天気:晴れ

Img_0929

C.labiata tipoに我が家に来て初めてのシースが来ました。我が家では、なかなか花が来ないラビアタに来てくれるだけでも感激です。

Img_0930

ただねぇ、シースを覗いても蕾の影が見えないのが不安です。

ひょっとすると空のままってこともあり得ますからね。

|

« 白は良い | トップページ | また登場ですみません。 »

コメント

こんにちは、totoroさん。
今日も暑いですね~~~。

 時々趣味の園芸で蘭の事やるのでなんとなくみていますが、種類ごとに管理が違うでしょ?蘭って。蘭愛好家の方々はそれを全部わかった上でそれぞれに適した管理をされているのでしょう?~~~凄いなぁ。私なんかバラとクレマチスはまるっきり同じ管理ですよ(笑)。

シースって花茎のことですよね(違ったかな?)。それに蕾がはいってないってこともあるのですね~。


投稿: くれま | 2008年7月22日 (火) 10時09分

こんばんは。

一生懸命シースをすかして見ているTOTOROさんの姿が目に浮かぶようです・・・。つぼみが入っているといいですねえ。


それにしても暑いですね。
もう何度もこのことばかり言っています。
今年は熱中症の話題が多いようですね、お互い気をつけたいですよね。

投稿: 3月うさぎ | 2008年7月22日 (火) 21時27分

くれまさん、こんばんは。

蘭はあまりに種類が多いので環境がそれぞれ違います。でも、環境の同じの物を集めれば管理はそんなに難しくないんですよ。これもコツを掴めばですが(コノフィツム達と一緒ですよ)
成長する時期にはしっかり水と栄養をあげること、日差しの大好きな子にはしっかり当ててあげ、苦手な子は遮光をする。冬の最低温度が10℃くらい保てるかどうかで育てられる物は決まります。
そこで自分家の環境および生活サイクルで育てられるのを選んでいけば楽です。
そして慣れてくるとステップアップしてあれもこれもと欲張るので大変になっていきますがそれもチャレンジで楽しいです。でも自分の育てられる数は決まってますので
その格闘が大変かもです(笑)

バラもクレマチスもお上手ですよね。
自分は特にバラは苦手でいつもながら凄いなぁと感心してますよ。

シースは葉の上に薄い緑色のが見えるでしょ。これです。
蕾を守るためのサヤとういか袋というような物です。この中から蕾が成長して花茎が伸びて突き破って出てきて咲きます。
面白いでしょう。ただこの性質はカトレアの仲間に多い性質で全ての蘭が同じではないんですよ。
今の時点では蕾のかけらすらハッキリ見えません。う~ん空っぽのままかなぁ。
ラビアタというカトレアの種類なんですが。花は・・・そう松坂屋の包装紙解ります?あの花がラビアタです。というくらいカトレアの中でポピュラーな花です。
 
 
 

3月うさぎさん、こんばんは。

鋭いですね。
そう蕾が見えないかなぁ。まだかなぁって、一生懸命透かして見ています(笑)
ラビアタなので秋に咲く花なんですが・・・どうでしょうねぇ。
空シースだとショックですね。

暑いですよね。何度言うことか解りませんね。デスクワークなのでお昼に外に出するが辛いです。一気に汗がドーーッと出ます。まあ出なくなったら危険らしいですが(笑)
3月うさぎさんも気をつけてくださいね。

投稿: TOTORO-K | 2008年7月22日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからの楽しみ1:

« 白は良い | トップページ | また登場ですみません。 »