« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

2008秋のベランダ 2

'08/10/28の栽培場所(屋外)気温 最低気温11℃ 最高気温?℃ 天気:晴れ

Img_1599

'08.5.6にご紹介した。Red Symphony (レッド シンフォニー)がしっとり咲いてくれました。やはり秋のバラの赤い花は艶っぽいです。

Img_1600

赤繋がりでClematis.'Gravetye Beauty'グレイブタイ・ビューティ)がも、こんな時期ですが頑張って咲いてくれてます。

Img_1555

そして、'08.10.13に植えたムスカリが芽を出して来ました。凄く元気に出てきてます。

Img_1556

そして、こちらは糸葉水仙(ジョンキル水仙)です。こちらも小さくですが芽を出して来ました。楽しみです。

| | コメント (2)

2008年10月25日 (土)

どうなるのかなぁ?

'08/10/25の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温26℃ 天気:曇り

Img_1502

'08.7.27にご紹介したSc.Purple Cascade'Fregrant Beauty'  (ソフロカトレア.パープルカスケイド ’フレグランス ビューティー’)の '08.10.19の時点の画像です。

片方のシースが茶色くなってきてしまいました。この状態でも以前咲いたことはあるのですが、ちょっと気になります。

Img_1503

もう片方は蕾が伸びてきそうです。幾つの蕾が上がるのか楽しみです。

Img_1505

で、枯れた方のシースを外してみました。

あれ??もしかしてダブルシースの出来損ない?

う~ん、止まっちゃったかなぁ?

Img_1552

ここが今日の画像です。

元気に育ってます。順調です。

Img_1553

シースの中では順調に蕾が伸びて来ていて、このまま行けば4輪から5輪くらいは咲きそうな(*^_^*)楽しみです。この分だと去年より早く咲くかも。楽しみです。

Img_1554

で、シースを外した方はまた中から伸びてきそうな?

ひょっとすると蕾に成るかなぁ?ちょっと期待。押し子が出てしまったのでその分栄養摂られちゃったのかもですね。

| | コメント (4)

2008年10月24日 (金)

2008秋のベランダ

'08/10/24の栽培場所(屋外)気温 最低気温17℃ 最高気温27℃ 天気:雨のち曇り

時折凄い勢いで雨が降って運転中前がよく見えないことも・・・怖かったです。

Img_1509

今、秋のバラ花の季節になってきました。秋は色が深みがあって良いですね。秋らしい良い色です。

Felice Optimaェ(フェリーチェ オプティマ)です。ピンクからオレンジのしっとりした花が好きです。フェアリーが居てくれそうな可愛い花です。

Img_1511

こちらは、Hena(ヘナ)です。春の花はボリュームもあって豪華ですが、秋の花は小振りですが色っぽいです。

Img_1522

横から見ると黄色からオレンジのグラデーションなんですよ。これが咲き進むとまた変化する七変化の花です。

Img_1530

そしてしばらく休憩して、今年は終わりかな??って思ってたら、また花を咲かせてくれているハイビスカスの「うりずん」です。平日なので早朝しか撮る時間が無くてフラッシュで色が今ひとつですみません。でも頑張ってくれてるでしょう。

Img_1532

そして、出勤ギリギリまで待って撮ったらここまでは開いてくれました。ピンクの部分が広いです。昼間に見てあげたかったです。でね、これが昨日の画像。ってことは・・・

Img_1536

そう、今朝もまだ咲いていてくれました。しかも強い雨に打たれながら。通常一日でしぼむのですが、気温が低い為か、咲き続けてくれてました。偉いなぁ。ほんと昼間に見てあげたかったなぁ。一日ずれていてら見てあげられたのに・・・

Img_1537

夜はやっぱりしぼんでました。3日目は流石に無理ですよね。この「うりずん」しぼんだ花も綺麗な色なので・・・

このピンクとクリーム色に深紅に近いシベが綺麗なんですよ。

Img_1545

息子が「桃みたい」って言ってましたが。まさにそうです。

クリーム色の部分は黄桃のようです。そしてピンクの部分は桃が実ったあのピンクです。シベは頂点の濃く色づいた部分にそっくり、言い得て妙 でした。

| | コメント (4)

2008年10月20日 (月)

種蒔き2

'08/10/20の栽培場所(屋外)気温 最低気温15℃ 最高気温35℃ 天気:晴れ

日曜日、蘭友さんから頂いたクレマチス クリスパの種と、我が家のクリスパの種を蒔きました。

Img_1506

今回は種類が色々だったので、こんなトレイに蒔きました。鉢底に日向土を敷き用土は山野草用土がなかったので赤玉土+バーミキュライト+水はけを考慮して多肉用土をブレンドしました。

Img_1507

クレマチスの種は、届いてからしばらく冷蔵庫で眠ってもらっていました。種は左が種です。これがいくつか集まって球状になってます。これの皮を剥くと中に右のような種が入ってます。

Img_1508

ここへ、今回種蒔き初めてなので皮を剥いたのを一部、後は尻尾の部分を切り取って給水しやすいようにしたのに分けてみました。

Img_1525

この上に覆土して上からお水をたっぷりとあげてベランダの暖かい陽の当たる所で管理します。

クレマチスは発芽までに時間がかかると言われてます。たぶんこの外皮が吸水しづらいからでは?と思ってます。どうなるかなぁ?楽しみです。

| | コメント (7)

2008年10月19日 (日)

種蒔き

'08/10/19の栽培場所(屋外)気温 最低気温15℃ 最高気温35℃ 天気:晴れ

080904_14030001 

2008_9_12に甲斐市へ仕事に行く途中、諏訪湖SAに寄った際ヤマボウシが沢山実を付けてました。実物を見たのはこれが初めてでした。白い四弁の花は見たことがありましたが食べられそうなくらいのサイズと色でした(^_^;)

(携帯の画像なので汚くてすみません)

080904_14040001

この木の下にはこんな感じで落ちていて踏まれていたので4つほど頂いてきました。まん丸で面白い形でしょう。

Img_1515 

それを袋に入れたままついうっかり忘れてしまっていて今日早速蒔くことに、袋の中では発酵が進んでいて、丁度この時期の銀杏の実のような臭いがしてました(笑)

この大きな実ですが種は1つ入ってるだけです。小さいでしょ。

Img_1516

山野草用土がなかったので、赤玉と鹿沼土と砂系が欲しかったので多肉用土を混ぜて作りました。

Img_1517

さあこの時期に蒔いて無事芽が出るのかなぁ??

少し不安ではありますが芽が出て雑木盆栽に出来ればと思っています。さてさてどうなるか楽しみです。

| | コメント (4)

2008年10月16日 (木)

再生へ

'08/10/16の栽培場所(屋外)気温 最低気温14℃ 最高気温35℃ 天気:晴れ

陽が当たると一気に温度が上がりますね。

Img_1484

今年の朱螯玉(しゅごうぎょく)は寝そべってしまいもうどうしようもありません。脱皮前の2008.7.8の時よりも脱皮後の方が球体の数が減っているし元気もありません。方法は一つ「再生」しかありません。

Img_1485_2

上から見るとさらに歴然としています。日焼けして先が焦げてるのも\(;゚∇゚)/

再生スタートです。

Img_1487

鉢から抜くとこんな感じです。根鉢はありますが一つの茎から水を届けるには自分の管理だと辛いのか上手く届かないようです。

Img_1488

これを全てバラバラにします。必ず茎が残るようにね。そして皮も綺麗に取りましょう。

Img_1489

今回は広めの浅鉢を用意しました。鉢底に日向土を敷き、赤玉小粒とサボテン多肉用土(市販)+マグアンプを混ぜて薄く敷きます。

Img_1490

次ぎにマグアンプが入ってない上記配合用土を入れます。

Img_1491

球体は切り口を鋭利な刃物で切った方が良いのですが、自分はサボってハサミでチョッキン切り口にメネデールを付けます。

Img_1492

そして先ほどの鉢に植えていきます。(浅植え)

この後、上から水をあげて日陰で管理します。無事再生して欲しいです。(室内で温度を確保して管理してます)

今回はパトラにひっくり返されないようにカゴに入れカゴを棚に固定しました。無事であって欲しいです。

| | コメント (4)

2008年10月14日 (火)

やはり可愛い

'08/10/14の栽培場所(屋外)気温 最低気温15℃ 最高気温20℃ 天気:雨

Img_1469

2008.1012にご紹介した時は蕾だったRest.sp が、開花してくれました。

Img_1470

咲いて間もないので色が鮮やかです。山吹色に臙脂の斑点を見てると猛獣の身体の色のようでカッコイイです。

Img_1474

でも横から見ると、腕をのび~って伸ばしてるように見えてクスッと笑えたりと楽しませてくれます。

Img_1476

中央の付け根部分の黄色はとっても鮮やかで白い縁取りがこれまた綺麗です。なんとも魅力的な蘭です。

| | コメント (2)

2008年10月13日 (月)

嬉しーーーい!!!3

'08/10/13の栽培場所(屋外)気温 最低気温15℃ 最高気温31℃ 天気:晴れたり曇ったり

Img_1468

2008.9.15にご紹介したC.labiata var semialba ‘Cooksoniae’(カトレヤ.ラビアタ セミアルバ‘クックソニエ’)が咲いてくれました。

Img_1478

我が家に来て3年目にして、我が家での初花となりました。

白い花弁に赤紫のリップが目立つ良い花です。ただ自分の力では、これ以上開かせて上げることが出来ず抱え咲きとなりました。

Img_1479

リップのスロート部分もほんのりと色が移っています。そして向かって左のペタルの先端にも色が僅かですが入りました。

Img_1481

裏から見るとペタルの付け根にも色がスッと入っています。

Img_1483

リップのフリルも白い縁取りがあって可愛いです。

ちゃんと開いたらとっても華やかで上品な花ですが、それは次回頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

面白い顔つきです(笑)

'08/10/12の栽培場所(屋外)気温 最低気温13℃ 最高気温35℃ 天気:晴れたり曇ったり

Img_1457

Rstp.filamentosa (レストレピア.フィラメントーサ)です。なんとか夏も越してまた咲き始めました。

Img_1428

黄色に臙脂のペンシルストライプのオシャレな蘭です。

いつも思うのは、よ~く見ると顔に見えてきませんか?中央付け根に小さな目があって雫型の鼻に黄色のネクタイ。この顔見ると、フフフって口元が緩んじゃいます。

Img_1454

髪はポマード付けてるおじさんって感じかなぁ(*^_^*)

Img_1465

こちらは、'08.9.25にご紹介したドット柄のRest.sp です。こちらは新たな蕾が開きかけて来てました。蕾の時は雰囲気違うでしょう。この時は恐竜の感じがします。この正面顔肉食獣の感じがしませんか。

Img_1466

こちらの角度だと獲物をギロッと睨みつけた感じがします。

Img_1467

こちらはさらに確認して食べようかなぁって感じがして迫力満点。

これが開くと雰囲気が一変。楽しい愉快なおじさんになっちゃうから楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

緊急措置

'08/10/8の栽培場所(屋外)気温 最低気温17℃ 最高気温33℃ 天気:晴れ

Img_1422_2 

日差しが当たって日焼けして危険なリトープスも出たので室内に取り込んだら、今度は我が家の悪魔パトラに囓られたり引き抜かれたり・・・(。>0<。)

紫勳系ルテオビリディスC20が引き抜かれてしまっていたので緊急措置で植え替えました。

Img_1423

今回の配合は赤玉小粒、サボテンの土、硅酸土、マグアップKを混ぜ混ぜ、下の方には日向土を多めに入れて準備完了。

用土を軽くしまらせて植えます。

Img_1424

植える深さは球体が触れないギリギリまで。

Img_1425

この後、礫で球体を支えて完成です。

球体の横にくぼみが見えるでしょう。これ悪魔に噛まれた証拠です!!!(泣)

室内は危険なので屋外の陽の当たらない場所での管理にしました。「○○を追うより皿を引け」の格言通りですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

嬉しーーーい!!!2

'08/10/7の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温28℃ 天気:曇り時々晴れたり降ったり、ややこしや~♪♪

Img_1409 2008.9.16にご紹介したSc.C.G.Roebling(ソフロカトレア.シィ ジィ.ロブリング)が咲いてくれました。

う~ん、でもこれ札違いの気が・・・環境の影響??

Img_1410 大ききならないと咲かないので、やっと咲いてくれて嬉しかったんですが。本来は青い花なんですよねぇ??

Img_1411

リップもしっかりピンクなので(^_^;)

花はパープラータにそっくりです。

大きな株になるパープラータの系統かなぁ?でも時期がねぇ??貴方は誰でしょう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »