« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

久々のような?2

'08/11/30の栽培場所(屋外)気温 最低気温5℃ 最高気温18℃ 天気:曇り

Img_1727

今回も前回に引き続きC.luteola×C.schroderae(カトレア ルテオラ×シュローデレー)が咲いてくれました。でも今回は淡い色系です。

Img_1728

こちらの株は前回の赤系よりさらに少ない1輪となりました。まあそれでも咲いてくれただけでも嬉しいです。

Img_1729

'06.7.7にご紹介した時は透けるような白でしたが今回は良く陽に当たったせいなのかピンクがかっています。これはこれで良いんですがやはり白い花弁と黄色のリップ綺麗です。

Img_1737

ルテオラ譲りのリップの黄色、濃くて好きです。

Img_1731

そしてペタルの刷毛目のぼかしも、極薄ですが見えます。そしてキラキラ花弁が良いんですよねぇ。次回はしっかり作らなきゃ。

| | コメント (6)

2008年11月25日 (火)

久々のような?1

'08/11/25の栽培場所(屋外)気温 最低気温6℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

Img_1732

久しぶりにc_luteora×c_schroeder(赤系)が咲いてくれました。今見てみたら2006年11月20日blogに書いたのが最後のようです。あれから調子を崩したようです。

Img_1733

小さい株になってしまいましたが。それでも2輪咲いてくれました。流石に花は小さくいじけてます。

Img_1734

ペタルの羽のような色の乗りも今ひとつですが。かすかに乗ってくれてます。

Img_1735

リップの色も今ひとつですが、白の縁取りは入ってくれました。

Img_1736

そしてリップの横顔も色が淡くて残念です。しっかり気を引き締めて作り直さないと可愛そうですね。本当はコンパクトで良い花なんですよ!!

| | コメント (2)

2008年11月22日 (土)

やっと咲いてくれました。

'08/11/22の栽培場所(屋外)気温 最低気温2℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

このところ一気に気温が下がって5℃を切るようになってきたので蘭を取り込みました。

Img_1700

2008.7.1にご紹介した Mrr.Wakamodosa 'Ohyama'(マリオラッタ.ワカモドサ 'オオヤマ') がやっと咲いてくれました。思ってた以上に良い花が咲いてくれました(^O^)

Img_1708

今回、3輪も咲いてくれました。蘭園さんで元気に育ったお陰です。

Img_1705

星咲きで色がとても可愛いんです。

花弁はシルクのようにキラキラとした花弁です。

Img_1711

そしてなんと言ってもこのリップが大好きです。淡いクリーム色に、のど奥がゆで卵色で、スロート部分に柔らかくピンクが乗ってたまりません。

Img_1706

もう少しアップで。

ね、この柔らかな色遣いが良いでしょう。

そう色鉛筆画(水でも溶かせる)のようなフワフワ感が嬉しすぎますぅ~。

| | コメント (7)

2008年11月17日 (月)

ボチボチ咲いてます。

'08/11/17の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温23℃ 天気:降ったり止んだり

Img_1686

Rstp.striata(レストレピア.ストリアータ)がポツリポツリと咲き始めました。この時期少しですが咲いてくれるんですよ。

Img_1687

本来は鮮やかな黄色に赤いストライプの花ですが。朝日に当たって赤みを帯びてます。黄金色に見えるでしょう(笑)

Img_1689

腕のような部分も赤が綺麗に見えます。

この花ね、小さいけど繊細なので、つい集めてみたくなります。

朝日が当たってない画像も紹介しておきますね。'07.6.10のblog見てください。

| | コメント (2)

2008年11月14日 (金)

2008年大文字草2

'08/11/14の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温?℃ 天気:晴れ

Img_1676

大文字草の伊予の華です。今が丁度満開です。前回ご紹介した。ときの羽重とは逆に華やかな花です。

Img_1677

咲き始めは、かなり濃い赤で花芯の黄色とのコントラストが綺麗です。花の形は和装柄になりそうな感じです。

Img_1678

小さく開いた花も数日後にはスルスルって広がって花弁はいくつか切れ込みが入り華やかな花に変身です。

Img_1679

大文字草、日本の花らしい良い花です

| | コメント (2)

2008年11月11日 (火)

寒いですがニョキニョキ

'08/11/11の栽培場所(屋外)気温 最低気温9℃ 最高気温17℃ 天気:腫れたり曇ったり

Img_1549

先月株分けしたS.purpurata schusteriana×cindarosa (パープラタ シュステリアナ×シンダローサ)です。我が家は今も外管理で頑張ってます。と言うのもなるべく沢山陽に当たって欲しいと思って外管理にしてますが。そろそろ取り込まないとマズイかも。

Img_1550

新芽は伸びてきてますが細いです。来年は花は無理かなぁ?

Img_1551

でもこの寒い中、太いしっかりした根がニョキニョキ伸びてきてます。凄いよねぇ。思わず頑張れ~です。

Img_85471

ちなみに花はこの花です。初夏咲きですね。今年は '08.6.14にご紹介しました。

Img_1674

他にもミニバラのLovely More(ラブリー モア)も咲いてくれてます。ピンクの縁取りが可愛い花です。

Img_1673

Hena(ヘナ)も、まだまだ咲いてます。秋は縁に赤が入ってオシャレです。

秋は春とは違った顔を見せてくれるので楽しいですが花が終わります。

| | コメント (5)

2008年11月 9日 (日)

2008年大文字草1

'08/11/9の栽培場所(屋外)気温 最低気温11℃ 最高気温15℃ 天気:曇り

今年も大文字草が咲き出しました。Img_1667

今年もがときの羽重 咲いてくれました。最近は華やかな色が多い中、優しい色合いの花です。

Img_1670

この花は、グーにした掌を開いていくように咲く細弁の花です。

Img_1669

咲き始めは名前の通りトキ色をしています。トキ色と言いつつ実際の鴇は見たことがありません(^_^;) でもトキ色という音の響きがとても好きです。

Img_1668

開いていくと白い花になります。白い花も澄んだ白で綺麗です。

Img_1672

今日鴇のニュースが流れていました。トキ保護センターで育てられた鴇が放鳥後、佐渡から本州に渡って来たのが確認されたそうです。日本にいた「Nipponia nippon 」の子孫は、「キン」を最後に絶えましたが、今は中国からの子孫が増えて自然に帰すことも行われていますね。少しでも広い地域で昔のように飛んでいてくれるように成って欲しいです。

| | コメント (4)

2008年11月 3日 (月)

2008年11月のリトープス新入りさん♪

'08/11/3の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温27℃ 天気:曇り

今年失敗して日輪など☆にしちゃいました。日焼けが原因です。今回は手を抜き過ぎました。来年に向けて試行錯誤しながらしっかり育てるのを決意して新入りさんをお迎えしました(*^_^*)

Img_1572

李夫人系の李夫人C351(salicola_salicola_C351)です。

この落ち着いて感じが大好きです。

Img_1623

直射光の下で撮ったら飛んじゃいましたねぇ。でも頂面の窓がよく解ると思います。透明に近い窓が見えるでしょ。ここから中へ光を取り込んで光合成をしてるそうです。

Img_1565

碧瑠璃系の碧瑠璃C132(terrlcolor_terrlcolor_C132)です。

素朴なホンワカなごみ系です。

Img_1567

地面に細かい雨粒がパラパラって落ちてきて土や雨の匂いがしてきそうな長閑さを感じます。

Img_1614

直射光の下だとよく解りますが頂面にオレンジがかった黄土色が乗っていて面白い子なんです。

Img_1571

朝貢玉系の朝貢玉C178(verruculosa_verruculosa_C178)です。

頂面のクラック模様とルビー色の細かい点が綺麗です。

Img_1618

この細かい点大げさに言うとビジョン・ブラッドのように濃くて綺麗です。このオレンジがかった色とも良い組み合わせです。

Img_1648

花はこんな感じです。クリーム色に少しオレンジがかった感じです。今回はたぶん伸びきらずに咲いてしまったんだと思います。

Img_1609

麗典玉系のケネディーC197(villetii_ssp.kennedyi_C197)です。

この独特の頂面の赤がとても気に入ってます。

Img_1577

頂面、横から見ると透明感があります。この赤い色は、球体の中の緑色と頂面窓の赤が重なって作り出してる色だそうです。面白いでしょう。そしてこの胴体のグレーがキラキラが入ってるんですよ。

Img_1610

直射光の下だとキラキラ感が伝わるかなぁ。

なんと表現したら解りやすいかなぁ??

あっ、女性が履くストッキングの感じが解りやすいかなぁ。艶のある高級なの??(笑) これ綺麗な肌です。

| | コメント (6)

2008年11月 2日 (日)

2008年11月のリトープス

'08/11/2の栽培場所(屋外)気温 最低気温10℃ 最高気温24℃ 天気:晴れたり曇ったり

昨日に引き続き今年サボった結果リトープスも大変な事に成ってしまいました。

今回も自分への戒めの為、恥ずかしいですが掲載します。

Img_1627

紫勳系ルテオビリディスC20です。情けないくらいシワシワで、とても脱皮前の株とは思えないです。

Img_1634

紫勳系紫勳C27です。こちらも色に鮮やかさがありません。無事育つのかなぁ。

Img_1592

紫勳系弁天玉C1です。もうもう情けないくらい小さくなってしまいました。ここから頑張って復活させたいです。

Img_1636

日輪玉系 白花日輪玉 C392 です。こちらもトップの色が冴えません。根が十分に伸びてないのかなぁ?迫力ある球体に戻してやりたいです。

Img_1629

巴里玉系のオクラケアC59です。右側の上の方に白い部分があるでしょ。これが日焼けによる火傷の後です。こうなると元には戻らないので、このまま脱皮するまで上手く育てて元気な状態に戻してやりやいです。

Img_1632

巴里玉系の黄巴里玉C111です。こちらも小さくなってしまいました。球体が残っているのでしっかり管理してあげたいです。

Img_1638

富貴玉系スザンナエC91です。この子も頂面の綺麗な球体なのに色が出ていません。たぶん日焼けして軽い火傷状態なんだと思います。

本当に可愛そうな状態にしてしまいました。やはり手を抜いたらいけませんね。しっかり反省です。

| | コメント (2)

2008年11月 1日 (土)

2008年11月のコノフィツム

'08/11/1の栽培場所(屋外)気温 最低気温11℃ 最高気温30℃ 天気:晴れ

情けないので掲載したくないのですが。自分への戒めの為、記録に残します。

Img_1641

これは秋虹です。去年の10月挿し木したんですがパトラにひっくり返されて殆どの球体が傷ついてしまい数かぶ残りましたが。今年の9月10月に直射光を当てすぎて残ったのがこの株だけになってしまいました。情けないです。真剣に管理しなくちゃ。

Img_1640

こちらは浅間の虹です。こちらも秋の日差しで火傷を負ってしまいました。昨年から危険だとは感じてましたが。ここまでになるとは予想外でした。遅いですが、遮光をしました。取りあえず耐えるしかないので・・・

Img_1639

こちらが朱螫玉です。挿し木のその後です。取りあえず溶けかけている球体は今のところありません。このまま無事育って欲しいです。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »