« かろうじて咲きました。 | トップページ | 渋いです。 »

2009年2月 1日 (日)

春気分♪

'09/2/1の栽培場所(屋内)気温 最低気温16℃ 最高気温27℃ 天気:晴れ

Img_1888 蘭友さんから頂いて数年、去年咲いたんですが不十分のまま終わりましたが、今年やっと綺麗に咲いてくれた Sc.Mini Purple 'Spring Time'(ソフロカトレア.ミニパープル 'スプリング タイム')です。

Img_1890

今年はシャキッと咲いてくれて凄く嬉しいです。

この花名前の通り春の色で~っす。「イチゴミルク色」

Img_1898

花弁はソフロニチス プミラの血を引いてキラキラ花弁です。

Img_1893

リップは雪白のスロートに柔らかいピンクの縁取りが綺麗です。そして悩ましい濃いピンクに悩殺されます。

ほんと咲いてくれて嬉しいです。

Img_1900 

オマケで後ろ姿も。

可愛いでしょ(*^_^*)

|

« かろうじて咲きました。 | トップページ | 渋いです。 »

コメント

綺麗に咲いていますね.春を感じさせるピンクでいいですね.初心者向きのミニカトレアの定番として紹介されますが,結構気難しい面があるように思います.濃い花色やセルレアが沢山生産されていて,淡いピンクの花は少なくなっているように思います.

投稿: uchiyama | 2009年2月 1日 (日) 21時25分

uchiyamaさん、こんばんは。
有り難うございます。今回は綺麗に咲いてくれました。
色も淡くて春らしい感じが良いです。
初心者向きですか。自分はこの交配いくつか持っていますが仰る通り気難しくて、なかなか思うようには咲いてくれません。
何が原因なのかさっぱりです。同じ用土で同じ管理のつもりなんですけどねぇ。

投稿: TOTORO-K | 2009年2月 1日 (日) 23時56分

どもです。
開花おめでとうございまーす。
とてもかわいらしい花ですね~。
そしてリップの色合いも。
また後ろから写した画像もなかなかですよん。

投稿: こー | 2009年2月 3日 (火) 06時03分

なんてきれいっ!完璧ッ!すっごくきれいです~happy01 見てるだけで、気持ちいいです~!
リップのフチどりが、イチゴミルクなのが、これまた効いてますね~heart
ところで、TOTORO-Kさんは、カメラcameraは何で撮っていらっしゃるんですか。いつも色がとってもきれい~!って思っています。

投稿: sawa | 2009年2月 3日 (火) 17時15分

わぁ~
なんとまぁ、春いっぱいの色ですね。
かわいいです。
実家に帰ると、部屋中ランだらけ。
殆どが胡蝶蘭なんですが、(開店祝いとかで贈られた胡蝶蘭を、店主と交渉して持ち帰ってるんですよ。)
毎回帰る度に成長が見られて楽しいです。

記事を拝見していて素人ながらのお恥ずかしい質問なんですが・・・
浅蜂だったり深鉢だったりいろいろ使い分けていらっしゃるようですが
全て根の状態で決めていらっしゃるんですか?
あまり根の張らないものとかあるのかなー。

楽○さんで、シーズンだからか、たくさん出ているので、
わたしも、ひとつくらい・・一瞬ぐらつくのですが、
どれがよいものかよくわからず、もう少しこちらで勉強させてもらってから
トライしてみようかなと思ってます。

投稿: chiko | 2009年2月 3日 (火) 20時55分

こーさん、こんばんは。
有り難うございます。
やっと綺麗に咲いてくれたので嬉しいです。
この色合い可愛くてニッコリです。
後ろ姿も良いでしょう。リップの裏側がこんなに濃く出てるなんてビックリでした。


sawaさん、こんばんは。
有り難うございます。
かなり気に入ってます。もうもう嬉しくて嬉しくてニッコリしちゃいます。
リップの縁取りも良いですよね。
この時期イチゴの商品がいっぱいで、ついつい誘惑に負けちゃいます。イチゴとチョコレートのコラボの食べちゃいました(^_^;)

画像を褒めて頂き有り難うございます。
特別な物も使ってませんし、色補正もしてません。
カメラと言えば、もうもう骨董品のコンパクトカメラ?って代物です。
CANONのPower Shot A20を使ってます。かなり古くてごっついです。
そろそろとは思うのですが・・・(笑)
自然光で撮るように心がけています。
というか蛍光灯下だと綺麗な色がこのカメラでは出ません。それだけなんですが(笑)

投稿: TOTORO-K | 2009年2月 3日 (火) 23時08分

chikoさん、こんばんは。
有り難うございます。
春らしい色の花が咲きました。
名前の通りのフンワリとした和ませてくれる色です。

ご実家に胡蝶蘭がいっぱいですか。
胡蝶蘭、冬場の温度がないとなかなか思うようには育ってくれません。我が家は低めの温度なので成長は緩慢ですが、今蕾をあげてきてくれてます。
胡蝶蘭が順調に育てられれば、かなり蘭を育てられると思いますよ。

>浅蜂だったり深鉢だったりいろいろ使い分けていらっしゃるようですが
>全て根の状態で決めていらっしゃるんですか?

根の状態というのは、良いところを付いてます。
蘭の中には着生蘭と地生蘭があります。
このうち着生蘭は木に根を貼り付けて少しの苔に覆われた状態で生きています。そう考えると沢山のコンポストは必要無いんです。そのことからも着生蘭は浅く植えた方が良いと言うことになります。これらはカトレアや胡蝶蘭などがそうです。ただ浅鉢だとしっかり植え込めずに株がぐらついて根が張りにくい欠点が有りましたが、今は植え込みをしっかり詰めることである程度固定が出来るようになりました。
少し前は普通の鉢で植え込みますが水苔は1/2~2/3しか入ってません下の方は空洞にして空気が通うように植えます。小さな鉢では難しいですが、それでも鉢穴から指を入れるとフカフカに柔らかくなってます。深鉢でしっかり水苔で植えると根がいつも水で飽和状態に成り呼吸出来ずに根が腐ります。湿って乾いてが大切です。
シンビジュームは地生蘭なので根が良く伸びていくので深鉢に軽石をメインにした用土だとご機嫌に育ちます。

自分が使っている用土は、もう一つあってSUGOI-neという用土です。
蘭は蘭菌が無いと上手く育ちません。
その蘭菌が発生しやすい用土に作られてます。この用土は水をこまめにあげることで蘭菌が育ちやすくなっています。この場合の鉢は一般的にはプラ鉢が適しています。
蘭は通気を好むので普通は素焼き鉢に水苔が多いですがこの用土の場合は乾きすぎて根が死にます。

蘭を育てる一番は根を如何に元気に育てるのかからです。また自生地を理解して出来るだけ近い環境を作ることが一番です。

>どれがよいものかよくわからず、もう少しこちらで勉強させて
>もらってからトライしてみようかなと思ってます。

自分で良ければいつでも来てください。
そうそうメールもお送りしておきますので読んでみてくださいね。

投稿: TOTORO-K | 2009年2月 5日 (木) 00時38分

おはようです。
次々と可愛い蘭が咲いてますね!
春がもうそこまで来ているようですね。

だんだんいつもの屋上にも日が差すようになってきました。
こうなってくるときが、我が家のまた新しいスタートなのです。
クレマチスの新芽が出てくる日が待ち遠しいです。


投稿: 3月うさぎ | 2009年2月 5日 (木) 08時50分

3月うさぎさん、こんばんは。
次々では無いですが、ポツンポツンと咲いてくれてます。この時期になると春が近づいてるなぁって思います。今が丁度メインの蘭たちが沢山咲く季節ですものね。
そうそう日も長くなってきましたね。これからがどんどん春が待ち遠しくなってきます。
3月うさぎさんのベランダにも日が差し込むようになってきたんですね。これからクレマチスも芽吹いてきて楽しみな季節ですね。自分もこの間の日曜日にクレマチスの大株の植え替えをしました。
細かい根がビッシリ張って何とも崩すことが出来ず、根洗いしても駄目で、最後はハサミでジョキジョキ悪戦苦闘でした。
植え替えまだたくさんあるので今から気が重いです。

投稿: TOTORO-K | 2009年2月 6日 (金) 00時19分

TOTORO-Kさんへ
たくさん、詳しく教えてくださって
ありがとうございます。

母も、なんですが、ミズゴケだけでよく生きてるなぁ・・と
いつも見て不思議に思ってしまいます。
でもこれでいいのですね。

わたしが育てているものは、土がメインだから
余計、
ミズゴケのみ、というのには抵抗というか、変な感じがして。

ランはほんとに育てたことないので・・・
またいろいろと教えてくださいね。
今日の趣味の園芸をテレビで見て、とても可愛くて。
ひとつくらい、ダメもとでやってみようかと思います!

メールですが、まだ送られていないようでしたらいいのですが、
うちに届いていないので、もしも送っていらっしゃったら
迷子になっています。
申し訳ありませんが、再度、送っていただけると嬉しいです。
メアドは、コメントに書いておきました。

よろしくお願いします。

投稿: chiko | 2009年2月 9日 (月) 00時32分

chikoさん、こんばんは。
蘭て普通の植物育てている方からみると不思議でしょうね。
蘭は通気性の良い環境が大好きです。そして成長期は水も大好きです。でもいつもビッショリと根が濡れているのは嫌いの蘭が多いです。木などに着生している蘭はその傾向があります。着生していると雨が降っても流れてしまい僅かな絡みついて苔などから水や養分を吸収する為、根が特殊な構造に成っています。本来の根は細い針金のような根ですが、その周りにはスポンジのように海綿体の部分があり少ない水でも素早く吸収してくれます。なので見かけ上、太い根になってます。

蘭の植え込み用土は条件さえ合えば何でも良いんです。
水苔、バークチップ、軽石、寒冷紗の古くなった物、杉皮、sugoi-ne等、色々使って皆さん育ててらっしゃいます。
これはその蘭を育てるのに自分の管理方法で一番楽な用土をチョイスして育ててらっしゃいます。
要は蘭が気持ちよく育つ物を選ぶことです。自生地の環境に近い状態を自分の管理方法で再現するのかです。なので生活スタイルが違えば同じ用土でも、ある人は上手くいき、ある人は失敗と言うこともあり得ます。
また蘭は蘭菌が無いと上手く育ちませんそれを如何に早く増やすかにかかっています。蘭菌が増やすことが出来れば蘭はすこぶる元気です。これも普通の植物と違うところです。

趣味の園芸自分も見ました。飾り方で蘭の見え方も変わりますね。種類も多くて好みが見つかると思います。
是非チャレンジしてみてください。

メール届いてなかったんですね。
心配してました。
先ほどメールしましたので確認ください。
ごめんなさいね。

投稿: TOTORO-K | 2009年2月 9日 (月) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かろうじて咲きました。 | トップページ | 渋いです。 »