« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

ウチョウラン11、12、13、14,15,16、17、18

'09/6/27の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温34℃ 天気:晴れ

暑かったですが。昨日の方が暑かったです。我が家のベランダでは最高気温35℃でした。

今回もウチョウランです。お付き合いを。

Img_24491

こちらのリップの丸弁、一繋がりの円形に紅一点がシンプルで良いです。

Img_25101

こちらの五月雨状に入るラインと縁取りのにじみの入り具合の変化が楽しめます。兄弟の変異しているのが、よく解って楽しいですね。

Img_24781

こちらのタイプは面長のリップに紅一点~ラインまでの色が柔らかくなってラインになるとすっきり感が出て来て面白いです。

Img_24581

こちらは3裂リップに赤が広がるタイプです。トップセパルの濃い赤紫のラインが渋い。

Img_24621

こちらは、ラインは同じ入り方ですが。地色が紫~ピンクまでの変化が見られる。兄弟です。ピンクになるほど可愛さが増しますね。

Img_24911_3   

こちらはリップが少し大きく成って垂れて開くので余計に大きく見えますね。なかなか豪快な花です。

Img_24971

こちらも少しリップが大きめのタイプです。こちらは更に垂直近くに成っていて大きく見えますね。

Img_24291

こちらの兄弟は地色が濃い物から白までの変化で、中のラインが白くなるにつれ爽やかさに見えてきて、こう並べるとかなり印象が気がいますよね。

| | コメント (3)

2009年6月21日 (日)

朝顔の植え替え

'09/6/21の栽培場所(屋外)気温 最低気温21℃ 最高気温26℃ 天気:雨のち曇り

Img_2620

青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔が、やっとここまで本葉が出てきました。

Img_2622

なので植え替えというか鉢増しをしました。鉢は息子が学校で5年ほど前に使った鉢をいつか役に立つのではと、取って置いた鉢に今回は活躍して貰うことに。

Img_2623

鉢底には排水を良くする為、日向土を入れました。

Img_2624

ポットの底からは根が出てきていて、遅いかなぁって思ってました。

Img_2625

実際、鉢から抜いたらやはりかなり根が廻っていて、少し遅かった気がしました。

Img_2626

用土は、赤玉土を主として、バーミキュライトとピートモスを混ぜました。根鉢を崩そうか迷いましたが。そのまま植えました。

Img_2629

こんな感じに座りました。この後表面を赤玉土で覆って完成です。ピートモスやバーミキュライトを使うと水やりの時浮いてしまうので抑えるのに丁度良いんです。

Img_2630

最後に蔓を絡ませる支柱代わりの部品を取り付けて完成です。早く伸びて欲しいなぁ~。

| | コメント (6)

2009年6月14日 (日)

ウチョウラン6、7、8、9、10

'09/6/14の栽培場所(屋外)気温 最低気温20℃ 最高気温31℃ 天気:晴れ

Img_24892 こちらはアワチドリ桃姫さんです。優しいピンクでリップの細かい切れ込みがとてもオシャレな株です。

Img_24822

サツマチドリです。色々なのが入っている鉢です。花は小振りですが、可愛い花ばかりです。リップの両サイドが濃く染まり斑紋がハッキリ入る物から、リップの両サイドが優しく染まり斑紋もソバカスの様な物までの変異がこの中に入っていて変化の具合が楽しめる一鉢です。左下の画像が丁度中間タイプになりますね。可愛いです。

Img_24392

こちらもサツマチドリです。白地に少し流れる斑紋が昔の浴衣柄のようにすっきりとして綺麗です。無点花は極淡く色が乗り儚げな感じが良いです。

Img_25042

こちらは斑紋が五月雨のように入ります。そしてリップ周りが濃いめに染まるタイプから白い物までの変化を見ることが出来ます。紫の帽子に白耳は可愛いです。

Img_25192

こちらもミックスになってます。リップの中央の花弁に斑紋が多いタイプと、リップが肥大化し、中央が白く抜けて細かい斑紋が優しく入るタイプです。アンダーセパルが白くくっきりとしていると可愛く見えますね。

| | コメント (8)

2009年6月12日 (金)

ココナッツの香り

'09/6/11の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温26℃ 天気:雨のち晴れ

Img_21261

'09.4.19に購入したMax.tenuifolia (マキシラリア.テニュイフォリア)です。これがその時の画像です。葉がスーーッと長く伸びバルブが上へ上へと伸びる変わった性格の蘭です。

Img_2356

上記株の気根が出ているところでチョッキンして植え直したらはなを咲かせてくれました。

この花、実は10年ほど前に妻の実家で姪が育てていたのを見て、いつか育ててみたいと思っていた蘭でした。(今現在は無くなってます。)

Img_2357

タワーのように連なったバルブの付け根からこんな風に花茎を出して咲いてます。

Img_2359

この朱赤と黄色の取り合わせが良いです。

Img_2360

リップは白地に赤紫のドットで、暑苦しい感じに見えますが、なんとも可愛い良い花です。

Img_2361

そしてなんと言っても魅力なのは、ココナッツの香りを漂わせてくれて、とても美味しそうです(*^_^*)

| | コメント (3)

2009年6月 8日 (月)

2009年 ウチョウラン3、4、5

'09/6/7の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温29℃ 天気:晴れ

Img_2362

2009年ウチョウラン3番目の開花はこの子でした。

Img_2368

紫のリップに花弁も色が少し乗るタイプです。

Img_2363

リップは本来3つに分かれてますが。今回は分かれてはいますが。リップのそれぞれの弁がオーバーラップして、一続きに見えます。またリップの付け根の白地に点が綺麗に列んでします。

Img_2366_2

上から見るとリップの丸さがよく解りますよね。そして花弁の先端を染める紫色も綺麗に入ってますね。

Img_2375

2009年ウチョウラン4番目の開花はこの子でした。

Img_2379

こちらは、リップがまん丸に肥大化したタイプです。

純白の丸っこい花は清楚で好きです。

Img_2381

こちらもリップがまん丸ですが。こちらは色が淡く乗ったタイプです。リップの付け根のリング状のタイプ優しいですが、印象に残りますね。

Img_2402

2009年ウチョウラン5番目の開花はこの子でした。

Img_2403

こちらのリップは横長に出てますね。ワルケリアナのバチ弁とまではいきませんが。でも雰囲気もありますね。

Img_2405

リップは奥まで染めが上がってますが。

付け根の奥が白くて綺麗です。その奥には点線が礼儀正しく列んでいて井ですね

Img_2374

そしてこちらが、2009年入手ウチョウランの再掲載です。前回は逆光で上手く雰囲気がつたわりにくかったので再掲載です。これが本来の色ですね。

| | コメント (3)

2009年6月 7日 (日)

2009年 デンドロビューム3番花

'09/6/6の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温29℃ 天気:曇りのち晴れ

Img_2332

den.nobile var alba 'carnea' ×self (デンドロビューム.ノビル アルバ カーネア ×セルフ)が咲いてくれました。

冬に外管理で植え替えもしてないので、不格好な状態に成ってしまってます(^_^;)

Img_2333

白い花弁、リップにはカーネア色が入る清楚で綺麗な花で、初めて見た時感動しました。

Img_2334

花弁は普通の交配より薄く繊細で、とても上品な花で、他には、なかなか見られない花です。

Img_2336

このリップ良いでしょう。

和紙のような繊細な花弁にカーネア色のグラデーションと濃いラインが美しくて~ 好き好きです♪

| | コメント (4)

2009年6月 1日 (月)

2009年 ウチョウラン新入りさん

'09/6/1の栽培場所(屋外)気温 最低気温15℃ 最高気温27℃ 天気:晴れ

Img_2340

昨日は、あちこち見て回ったついでにウチョウラン無いかなぁって数件園芸店巡りして最後のお店でウチョウランに出会えました。売れてしまった残りのようでしたが、この株に出会い連れ帰ってきました。

Img_2343

2種類が一鉢に植わっていたので、そーっと鉢から抜いて、そーっと水苔に植えてあげました。上手く着いてくれると良いんですが。

Img_2345

このビロード状の濃い赤で連舌花の丸い感じが可愛くてたまりません。

Img_2346

よく見ると、通常真っ白い耳のような羽のような部分に赤いラインが入っていて、これもまた良いです。しっかり育てて来年期待です!!

Img_2348

そして分けたもう片方がこちらです。前のタイプとは対照的に淡い色の花です。

Img_2349

この花はリップが肥大化する仁王系の血が入ってるようで少しリップが大きくなってます。

Img_2350

ねっ、面白い形でしょ。四角くて、とてもユーモラスで何故か、ププッって笑えて来ちゃう可愛さがあります。こちらは全周縁取りに成っていて、くっきり!!!

Img_2351

こちらは両サイドだけ色が乗って斑点も滲んで柔らかい雰囲気の子で、ニンマリしちゃいます。

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »