« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

パトラ特集 3

今回の特集の最終回です。

今回は「彼女のお気に入り」です。

2009_5_4

パトラは、この冬場の蘭置き場のための棚が大好きです。一番高いところで1,800㎜ ありますが。下から根性上がりで一番上まで上って寛いだりします、ただ冬場は蘭でびっしり埋め尽くされるので寛ぐことが出来なくて不満そうです。なので蘭の上を歩いてバルブを折られ亡くなった蘭も・・・

こうやって寛ぐのが良いんでしょうね。こういう顔見ると憎めなくて、こちらが対策するしかないですね。

2007_11_24_2

こちらはお風呂です。パトラはお風呂の縁からお風呂のお湯を飲むのが大好きです。ちゃんと水鉢のお水はこま目に換えてるんですよ。でもこのお湯が大好きでお湯が入ると誰よりも真っ先にお風呂場に向かい、上って飲んでます。でもシャワーは嫌いなんですよねぇ

2007_11_24_1

毎回注意するんですが、このように なんなの? って顔されておしまい。お湯の中に落ちたらと、気が気じゃないんですけどねぇ。

2009_6_21

そして猫ちゃんのお気に入りと言えば「袋」ですよね。こういうのは、すかさず潜ってまったりしてます。ちゃんと中で方向転換してくるんですよ。

2007_12_17 

当然箱も大好きです。後は空の洗濯かごでも、まったりしてます。面白いですよね。

2009_9_20_1

そして不思議なのが果物大好きなことです。猫ちゃんって甘さを感じないって仰る先生がみえるんですが。パトラは果物大好きです。人間が美味しい、甘いと感じる物は特に好きなんです。

2009_9_20_2

この日も 桜桃を食べたんですが、ジューシーで甘くて美味しかったです。このときも傍にピッタリくっついて貰えるまで離れません。エスカレートしてくると包丁で切り分けてる所へ顔を近づけてきて、危なくて危なくて大変でした。

2008_8_17_2

葡萄も当然大好きで皮を剥いて食べていると、傍に来て前肢でチョンチョンって催促されます。こうやって一心不乱に食べます。舌で削ぎ取る感じですね。

2008_11_7

こちらは柿ですがこれも食べます。ね、こうやって前肢で引き寄せて「よこせぇ~」って」感じで強引に来ます。無視したらもう大変です。このほかリンゴ、梨、イチジク等々美味しい果物は逃しません。美味しいの限定!!ってのが凄いです。

Img_29231

そしてパトラは、果物だけじゃなくて野菜も大好きです。

レタスはお気に入りで料理に使っていると現れて必死に「欲しい光線」をあびせてきます。この日実家でもらった花オクラ早速チェックが入って花をあげたら美味しそうに食べてました。

人間くさい猫です。

| | コメント (10)

2009年9月27日 (日)

2009年秋 リトープスの植替え

'09/9/27の栽培場所(屋外)気温 最低気温23℃ 最高気温35℃ 天気:晴れ時々曇り

今年のリトープスは、夏までは順調に来てました(2009.8.4 参照)が秋に入って、皺の寄りが多くなっておかしいなぁ??って思っていたら、結果は案の定でした。

Img_3034

日輪玉系 白花日輪玉 C392 です。根がこんなに・・・(T_T)

Img_3035

巴里玉系のオクラケアC59です。こちらもほとんど根がないです。(T_T)

Img_3039

碧瑠璃系の碧瑠璃C132です。こちらは元気な良い根が出てきてます(*^_^*)

Img_3040

朝貢玉系の朝貢玉C178です。こちらも良い根が真っ直ぐ伸びてます。リトープスの根はこうでなくっちゃ!

Img_3041

李夫人系の李夫人C351です。こちらも、まずまずの根が出てます。全て昨年我が家に来て1年の子達ばかり。う~ん、同じ管理なんですよぉ。(多少水の量は変えてます)

Img_3036_2

さて、根が駄目な子達は再生のため挿し木にします。まずは球体を分けます。でもそのままだと、株が古いので球体の脱皮の度に出来た残骸がコルク状になって新陳代謝を妨げてます。

Img_3037

で、挿し木にあたり、茎?のコルクをある程度剥ぎ取ります。

Img_30481

そしてこれを、平鉢に多肉用土に赤玉土小粒、マグアンプを混ぜて入れました。球体は切り口に発根促進剤を付けて植え付けます。その後水を張った入れ物に入れて下から水を吸わせました。明るい日陰で管理してます。

続きを読む "2009年秋 リトープスの植替え"

| | コメント (8)

2009年9月26日 (土)

パトラ特集 2

前回のパトラ特集の第二弾です。

今回はパトラの困ったところです。前回も書きましたが、パトラは、ブリーダーさんの所で多頭飼いされていたんですが。その時のトラウマなのか?コーム(櫛)が駄目なんです。見ると猫パンチして、コームを噛んできます。その後は逃げて何とも成りません。折角の綺麗な柔らかい毛並みなのに・・・。もう一つ爪が切れません。抱っこまでは出来ますが爪を出すと暴れます。爪切り見たら一目散に逃げます。無理矢理切られていたのかなぁ・・・。 爪は伸びると自分たちも危険ですが、パトラも遊んだときに引っかかって遊びにくかったり、爪が食い込むこともありで、トラブルを避けるには切るしかありません。なので、大きな洗濯ネットを探してきて中に入れて、動きにくくして強制的に爪を出して切ります。

2007_10_7

こんなふうなので、毛が絡んで毛玉になってしまいます。なのでしかたなく、サマーカットをしています。その第一回目の時のしばらく経って毛が伸びてきた頃です。(カットすぐの頃の画像が無かったもので・・・)とてもメインクーンとは思えない姿です。

2008_8_13

で、こちらが昨年のサマーカットです。一応ライオンカットにして貰ってます。

2009_7_12_1

そして、これが今年のサマーカットです。このサマーカット、素直に切らせてくれるはずも無く、獣医さんで全身麻酔をしてカットとなります。出来ればしたくないんですが放置して皮膚病になるのもねぇ。

2009_7_12_2

そんな子ですが。サマーカット後はやはり人肌が恋しいらしく、人の膝に乗りたがります。それも私のお膝を要求!!こんな感じで幸せそうに寝ているのを見ると、色々あっても長生きしてねぇって祈っちゃいます。

| | コメント (6)

2009年9月23日 (水)

2009年コノフィツム植付け

'09/9/23の栽培場所(屋外)気温 最低気温21℃ 最高気温25℃ 天気:雨のち曇り

Img_3026

今回挿し木していた朱螯玉(しゅごうぎょく)を植え付けました。挿し木床から抜いたところです。見て頂いても解るようにコノフィツムは直根は伸びません。まあ自分の技術不足もあるかもしれませんが下へは根が伸びないんです。なので深い鉢はいりません。むしろ浅い鉢で乾きを良くして、こまめに水やりをした方が良いかもしれませんね。

Img_3028

ただ今回は球体の付け根をよく見たら、少し痛んでました。これがこの後、どう影響するのか心配です。

Img_3029

今回の用土の配合は、市販のサボテン・多肉用土をメインにして球体が小さいので乾きを少しコントロール遅らせるため、小粒の赤玉土を少し混ぜています。肥料分は、マグァンプを入れてます。

Img_3030

鉢底に日向土を入れて用土を球体の下まで入れます。これ以上入れちゃ駄目です。

Img_3032

そして球体が倒れないように、今回は日向土をしきました。球体の付け根が溶けるかもしれないので熱が逃げやすいように配慮しました。

Img_3060

この後水を張った所に鉢を浸けて数回出し入れして微塵を抜きました。この画像は翌朝の画像です。上までしっかり水が吸い上がってきてます。

Img_3061

鉢は乾きやすく、でも乾きすぎないようウチョウラン用の鉢が手に入ったので使いました。

Img_3063

球体の稜線部分に少し赤みが付いてます。秋が深まるとこの赤がもっとはっきり入ってきます。しばらく養生して通常の管理にしていきます。楽しみです♪

| | コメント (8)

2009年9月22日 (火)

パトラ特集 1

今日は、植物の話ではなく、我が家のパトラの話題です。

パトラのご紹介は今まで、ほとんどしたことがなかったのですが。紹介してくださいというご要望を頂いたので今回含めて3回ほど(飛び飛びですが)ご紹介したいと思います。

2006_8_26_1

2006.1.1 生まれのメインクーン、ブラウンクラシックタビーの女の子です。我が家には生まれて8ヶ月後に、ブリーダーさんと所から、妻が気に入り我が家にやってきました。多頭飼いされていたので食事が十分食べることが出来なかったからか、細いスリムな子でした。

この画像は来て間もない頃です。

2006_8_26_3

実は猫ちゃんはパトラが2代目になります。先代の「きらら」 10歳2ヶ月で空に召され、家族皆が悲しんでいました。そして、妻がやはり猫が飼いたいと言うことで、同じ猫種のメインクーンの「パトラ」を我が家に迎えました。

2006_9_18_3

メインクーンにしては足が長い子です。

そして、このお尻のモコモコが、何とも可愛くて自分は、「桃ケツ」って呼んでました。(かなり下品で済みません。「桃尻」も、どうかと思ったもので・・・)

2006_9_22_3

長いフサフサ シッポも可愛いです。

2007_1_1

これがちょうど1歳の時です。かなり顔がふっくらしたでしょ。

2007_10_13

そして、一時期ブームになった立つ子達のように パトラ も時々立ってました。ただこの画像は向こうに手を突いてますから、ズルです(笑)

立ち上がると60センチは超えます。今は、もう少し大きくて小型犬より大きいので、お見えになる方によっては、噛みませんか?って聞かれる方も・・・(^_^;)

2007_11_24_3

でも、人なつこくて人の傍が大好きでいつも家族の傍で寝ています。冬には妻の膝の上が好きなようですが。体重4.7㎏あると、さすが体がしびれてきます。自分も乗られましたが、しんどかったです(^_^;)

そんな人なつっこい子です。

| | コメント (6)

2009年9月16日 (水)

2009年9月のベランダ2

'09/9/15の栽培場所(屋外)気温 最低気温17℃ 最高気温24℃ 天気:雨

Sn3g04621

8/15お盆の時に、実家の母が、お墓へご先祖様をお送りするときに、道沿いのお宅に咲いていた花を見て、「この花って、今でもどこかに売ってる?」って聞くので、「あぁ、ランタナね。これなら確か○○園芸にあったと思う」って言ったら欲しいらしかったので早速ゲット。

Sn3g04631

ランタナ、最近は路地で大きく成っているのを見かけるように成りました。ほんと元気な花ですね。

Sn3g04641

で、実のいっぱい付いていました。

こういうのを見ると蒔きたくなってしまうのが性です(^_^;)

続きを読む "2009年9月のベランダ2"

| | コメント (4)

2009年9月13日 (日)

2009年9月のベランダ1

'09/9/13の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温32℃ 天気:晴れ

Img_2971

2009.8.2 に、ご紹介した 草花火(クサハナビ)が、ゆっくりですが、一つの花茎に何度も花を咲かせてくれてます。

Img_2972

花は1日花ですが可愛い色合いとモコモコっとしたシベが良いです(*^_^*)

ほんと頂いたtokkoさんに感謝です。

Img_2999

C.macropetala 'Weseleton'(マクロペタラ・ウェッセルトン)が、かろうじてですが咲きました。夏の暑さが嫌いなクレマチスなので仕方ないです。ベランダは、やはり過酷ですよね。妻がベランダの手すりに洗濯物を干してくれれば陰になりますが干さないと・・・・(^_^;) まあ、そんな人任せじゃ無理ですよね。思わず頑張れ~!!って応援したくなりました。

さて、先日、2009.9.9 にご紹介した。青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔に、実が付きました♪Img_3000

Img_3001_2

Img_3002 Img_3003

強制的に花粉を付けたのが良かったのか実が出来てきました。これで来年の種が確保出来そうです(^_^)v

| | コメント (4)

2009年9月12日 (土)

まだ咲き続けてます。

'09/9/12の栽培場所(屋外)気温 最低気温20℃ 最高気温24℃ 天気:雨

Img_2973

8/10 にご紹介したBnts.Richard Mueller 'H&F'ブラソソフロニチス.リチャード ミュラー'H&F')のもう一株が咲きました。

Img_2974

前回の花と並べてみました。この夏の時期なのに、ほんと花期が長いです。

Img_2975

こちらが先に咲いた花です。ドットが消えて山吹色が濃くなってます。

Img_2976

そしてこちらが今回の花です。クリーム色がかった花弁にドットが入っていて、こうやって比べると咲き始めの花は初々しいですね(*^_^*)

Img_2979

そして横顔も。この花弁のグラデーション、良いです。こういう変化、見てて楽しいです。

Img_2977

そして、今回の子の横顔も。リップのドットが可愛いです♪

| | コメント (2)

2009年9月10日 (木)

青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔

'09/9/9の栽培場所(屋外)気温 最低気温20℃ 最高気温30℃ 天気:晴れ

Img_2936

青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔が、次々咲くようになりました。種まきしたのが遅かった分、咲くのも遅くなってしまいました。他の皆さんの木は、かなり立派に育っていて、我が家は夏の終わりというか立秋過ぎてからの開花です。

Img_2937 白に赤紫の筒がとても綺麗な朝顔です。

Img_2939

そして名前の通り、筒の部分に台が見えます。この台が色々変化してくれるんですよ(笑)

Img_2943

花弁はとても薄くて絹のように薄くて艶があるんですよ。

Img_29573

では、一部ですが花のいろいろです。

台咲き部分が折れ曲がって、出べそのがあったりして面白いです。

拡大するとよくわかりますよ。

Img_2989

では、普通のをもう一度です。清楚で、でも少し色気がある良い花です。

Img_2990

ただ問題は未だに実が成らないことなんです。雌しべがよく解りませ~ん。種実って欲しいです。

| | コメント (4)

2009年9月 7日 (月)

新しい子達3

'09/9/6の栽培場所(屋外)気温 最低気温24℃ 最高気温37℃ 天気:晴れ

9月になったのに、この最高気温たまりません。

Img_29491

先日蘭友さんと一緒に蘭園さんに伺ったときに連れ帰ったL.rubesens var Aurea(レリア.ルベセンス オーレア)です。鉢からはみ出して作り直してみる?って言うことで購入しました。

Img_29811

こんな感じではみ出してます。根も外に張ってえらいことに(^_^;)

Img_29821

とりあえず鉢を金槌で割って取り出しました。今回残すのは先端のみです。

Img_29831

トップのこの3芽を残して植えてみます。

Img_29841

今回のコンポストはベラボン ボールを水につけて全て解して水にしっかりつけたものを使いました。根が腐りやすそうなのでこれにしましたが。逆にこまめの水やりが必要です。

Img_29851

こんな感じで植え付け完了。さてさて無事に育ってねぇ♪

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

新しい子達2

'09/9/3の栽培場所(屋外)気温 最低気温24℃ 最高気温33℃ 天気:晴れたり曇ったり時折雨

Img_2951

先日のオフ会で蘭友さんから頂いたGcy.Kyoguchi ‘Sano ’(グアリシクリア.キョウグチ‘サノ’)です。9/1にご紹介したEny. Rainbow Bridge(エナンスレヤ.レインボー ブリッジ)MCの親にあたる蘭です。

Img_2952

なのでよく見るとバルブの感じが似てるでしょ。葉の出方もねぇ。面白いです。この蘭は肥培すると、かなり大きく成る蘭です。我が家ではコンパクトに収まっていて欲しいのですが(^_^;)

Img_2953

こちらもシースが顔を覗かせています。

この蘭は香りがある蘭で有名です。特に蘭で麝香の香りがする唯一の蘭と聞いてます。こちらも楽しみです。

蘭友さんに感謝です。

| | コメント (4)

2009年9月 1日 (火)

新しい子達1

'09/9/1の栽培場所(屋外)気温 最低気温23℃ 最高気温33℃ 天気:晴れ

先週末久々にオフ会に行ってきました。短い方で1年ぶりで長い方は何年だろう?

今回はネットでは色々お付き合いしてるんですが、実際にお会いするのは初めての方も見えて楽しかったです。

と言うことで、蘭園さんに行ってきました(*^_^*)

Img_2954

Eny. Rainbow Bridge(エナンスレヤ.レインボー ブリッジ)MCです。この花は、カトレアエンシクリアグアリアンセという3種の属間交配の蘭です。

そして、この蘭は、今回伺った蘭園さんが1997年4月に交配登録された蘭です。

Img_2955

交配としては(C.w.294sg 13-3 × Epc.Kyoguchi‘T.Sano ’)という交配です。ワルケリアナ×キョウグチ‘T.Sano ’です。どちらも香りのある蘭で、香りがどう現れるのかとっても楽しみです。また花形も、どんな風に出てくるのかワルケリアナのバチ弁?それともキョウグチ?咲くのが楽しみです。

Img_2956

シースも見えてきているので待ち遠しいです。

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »