« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

2009年10月のリトープス

'09/10/25の栽培場所(屋外)気温 最低気温14℃ 最高気温25℃ 天気:曇り

我が家の10月のリトープスです。今ひとつ調子が良くないです。

Img_3211

碧瑠璃系の碧瑠璃C132です。皺ってますが何とか無事です。この時期の晴れた日の陽差しは強烈で難しいです。この渋い色が、気に入ってるので頑張ります。

Img_3208

李夫人系の李夫人C351です。トップの窓が綺麗な球体です。この子は側面に、軽い火傷が・・・・本当に難しいです。

Img_3209

朝貢玉系の朝貢玉C178です。こちらは間伸びもせず良い感じです。トップのガーネット色のドットが渋くて好きです。

Img_3212

富貴玉系スザンナエC91です。やはり根の状態が良くなかったので結果も良くないですね。復活して欲しいなぁ。

Img_3195

2009.9.27に挿し木をご紹介しましたが。今は、こんな状態です。根が出るまでと言うことで直射光が当たらない場所で管理していたので、間伸びしてますが。球体はプリップリです。

Img_30481

これが挿し木した直後の画像です。違うでしょ。これでみんな根は出たと思います。この後は徐々に外の陽射しに慣らしてゆけばと思っています。

このことから、思うにリトープスは根が直根で伸びるので深鉢が良いかとましたが。朝鉢で乾きが早いほうが、球体が育ちやすいのかもと思っちゃいました。

| | コメント (8)

2009年10月24日 (土)

芽が動いてきたぁ!!!!!

'09/10/24の栽培場所(屋外)気温 最低気温14℃ 最高気温21℃ 天気:曇り

Img_3197

ネットでお世話になっている、菫さんから種を頂いて2009.7.17にご紹介したように蒔きましたが、なかなか芽が動かなくて心配してましたが。やっと今朝C.hederifolium‘Ruby strain’(シクラメン.ヘデリフォリウム‘ルビー ストレイン’)の芽が動きだしたのを発見しました。もうもうメチャメチャ嬉しいです。

Img_31981

菫さんの所や他の方の報告もチラホラ目にするので、毎日覗き込んでいました。で、こんな小さな芽を発見!!! 嬉しいです。

Img_32001

シクラメンは好きなんですが夏越しが難しく思ってて眺めるだけにしてたんですが。菫さんの可愛い花を見てたら、チャレンジしてみようかなぁって(*^_^*) 我慢の限界(フフフ)

Img_32011

全部で3芽動いてました。原種のシクラメンは種によっては100年以上育っている種もあるらしいです。頑張ろうと思います。まずはちゃんと開いて欲しいです。楽しみ楽しみ。

 

続きを読む "芽が動いてきたぁ!!!!!"

| | コメント (7)

2009年10月20日 (火)

久しぶりに開花しました。

'09/10/20の栽培場所(屋外)気温 最低気温14℃ 最高気温26℃ 天気:曇りのち晴れ

Img_3187

C.labiata lilas 'Borge'×integra 'Pompeu' (C.labiata ver coerulea 'Raposa'×'Extra')が咲きました。蘭友さんから '05.11.1 に頂いた株です。翌年開花してくれましたが。その後は花を見ることなく終わってました。この画像は朝日が当たる直前に撮った画像です。花色が、なかなか渋いでしょう。

Img_3176

で、これが、上の画像より1日前の昼間撮った画像です。ピンクになって可愛いですよね。

Img_3190

ちょうど朝日が当たり始めたところです。この花色がまた良いんですよ。ピンクなんですが朝日の赤が入って良いんですよね。

Img_3191

リップのアップです。この朝日が当たると少しパステル画調になって深みが出ますね。

Img_3174

こちらが昼間です。こちらだと軽やかなピンクで白の縁取りが可愛らしく見えますね。奥の縞々も綺麗なんですよ。

Img_3182

そして最後にペタルです。脈が見えるでしょうか。この脈が透けて綺麗なんですよ。そしてキラキラ花弁もお気に入りです。

ただこの花ラベルがセルレアなんですよ。そう青系が咲くはずなんですが・・・ラベル間違っちゃったかな?それとも日が当たりすぎ?でも、花形も違うような?困っちゃいました(^_^;)

自分の確認ミスでした。名前はC.labiata lilas 'Borge'×integra 'Pompeu' でした。大変騒がせしました。

| | コメント (12)

2009年10月18日 (日)

'09/10/18の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温34℃ 天気:晴れ

Img_3160

Rstp.filamentosa (レストレピア.フィラメントーサ)が、次々咲いてくれてます。レストレピアの中で一番長く咲いていてくれます。

Img_3162

このリップの臙脂のラインが端正で綺麗なんですよねぇ。ほんと神様は、よくこんな花を考えついた物だと感心しちゃいます(フフフ)

Img_3163

そしてこのアンテナがまた綺麗なんですよ臙脂からピンクのグラデーション、そして一部に透明な窓が付いてるんですよ。本当に見てて楽しい花です。

Img_3161

でね、この株よく見ると鞘(子房)が出来てるんです!! そう、蘭の種です。蘭の種は通常の種のような胚乳がありません。そう発芽に必要な栄養分を持たない種なんです。なので普通の植物のように種をまいても芽が出ません。じゃあ、どうやって芽が出るの?蘭は蘭菌の力を借りて芽を出します。例えば親の蘭の株元だと蘭菌があるので発芽しやすいです。または木材腐朽菌なども近いらしいですがよくわかりません(^_^;) 人工的には、寒天などを培地にした無菌培養などがありますが。自分じゃ無理なので・・・

でーー、sugoi-neを試してみようかと、どうなるのか??

Sn3g05611

今夜はセリーグクライマックスを観戦に行ってきて22時過ぎに帰ってきました。今日は無事勝てました。次も頑張れぇ!!

| | コメント (8)

2009年10月16日 (金)

色々カラー

'09/10/15の栽培場所(屋外)気温 最低気温14℃ 最高気温35℃ 天気:晴れ

草花だと土の中の根も、蘭の根っこだと外に飛び出たりしていて成長点が見えて綺麗です。

でも本当は植え込み材料(コンポスト)の中じゃないといけないんですけどね。鉢の中の環境より外の方が環境が良いから飛び出しちゃうんですよぉって注意を受けそうです(^_^;)

Img_3100

L. santa barbara sunset 'show time' (レリア.サンタバーバラ サンセット ‘シュータイム’)です。お恥ずかしいくらい根が外にビュンビュン。まあ、元気な証拠ということで・・・(^_^;)

Img_3101

この根は先端の成長してる部分、赤のグラデーションで、その先端は黄色がかってます。とっても綺麗な成長点です。

Img_77421

ちなみに花はこの花です。ペタルのグラデーションの感じが似てませんか?このグラデーションも綺麗なんですよ。

Img_3108

Mrr.Wakamodosa 'Ohyama'(マリオラッタ.ワカモドサ 'オオヤマ') こちらも伸びてます。

Img_3110

こちらは黄色のグラデーションで先端にオレンジが入ってます。成長点の所には鳥の雛のような黄色が入って可愛いです。

Img_1708

こちらが花です。クリーム系に濃い黄色とピンクが入ります。上品で好きな花です。

Img_3111

Rcv.Jimminey Cricket (リンコボラ.ジミークリケット) です。こちらも鉢から逃げ出そうとしてますね(^_^;)

こちらは綺麗な黄緑色のグラデーションです。

Img_2871

そして花は綺麗な黄緑入りの花弁に白っぽいクリーム色のリップです。

すべてが全てでは無いですが。根に花の色が出ることがあります。こうやって見てみるのも楽しいです。

蘭の根が気持ちよさそうに伸びてるのを見ると自然界でもこうやって気持ちよさそうに伸びてるのかなぁって思いながらニンマリしてしまいます。

| | コメント (6)

2009年10月12日 (月)

この子も一緒に(*^_^*)

'09/10/12の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温36℃ 天気:晴れ

Img_3124

昨日のビオラと一緒に気になって連れ帰ったのが アイランド ヒース 絞り(ダボエシア・カンタブリカ(Daboecia cantabrica))です。ホタルブクロやシャジンなど袋状の花が好きなんですが。我が家のベランダでは溶けてしまうので諦めてました。でもこの花、雰囲気が似ていて小さくて可愛いので連れ帰っちゃいました。

Img_3125

アイルランド等の寒い地方のヒースの仲間だそうです。エリカなどにも近いそうです。この先端に、ふわふわと数輪咲く姿が気に入ってます。これでも低木なんですよぉ。

Img_3129

絞りということなのでこうやって絞りの出てるの選んできました。

Img_3133

絞りなので枝変わりなんでしょうね。こんな可愛いピンクの花もあって嬉しいです。これを選ぶのみ他の株も並べて何度も何度も考えてる変な客してました。

Img_3139

袋状の花なので逆光で撮ってみました。光が透けて明かりが灯ったように見えないかなぁって撮りました。

Img_3152

我が家が置ける唯一の場所がベランダの手すり下部分になっちゃいました(^_^;)

ビオラと並んで置いてます。

アイルランド出身ってことは夏、大丈夫なのか???

| | コメント (4)

2009年10月11日 (日)

初めてのチャレンジ

'09/10/11の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温38℃ 天気:晴れ

Img_3121

別の用事でHCに行って、園芸コーナーも、って覗いたら、この時期は冬から春への植物が色々出てますね。

以前からビオラは好きだったんですが、ビオラは寄せ植えしたりプランターに植えるイメージがあって、我が家では場所もなく家族は全く興味がないので自分が見るだけのベランダでは可愛そうな気がして育ててませんでした。

Img_3122

でも、今回はこの花に出会って「育ててみたいな」って思い連れ帰りました。紫とオレンジの組み合わせが可愛くて、元気貰える気がします。下側に入る紫も気に入ってます。

Img_3123

横顔も、ね (^O^)

そして向かって右側には紫のホクロもあってこれも気に入ってま~す(*^_^*)

Img_3153

後ろ姿も可愛くて、へへへ。

皆さんが以前からたくさん育てていらっしゃる花ですが。自分も、初めての仲間入りで~す。

Img_3149_2

我が家は場所の都合で山野草鉢に1株のみ植え付けて育てます。どれくらい株が大きくなるのか解りませんがしっかり陽に当てて、ガッチリと育てたいです。花は沢山じゃなくても良いのでノンビリと絶え間なく咲いてくれるとうれしいなぁ。

続きを読む "初めてのチャレンジ"

| | コメント (4)

2009年10月10日 (土)

またまた新入りさん4

'09/10/10の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温32℃ 天気:晴れ

蘭友さんからご無理を言って分けていただいた子です。

Img_31181

Ency.adenocaula × aromatica (エンシクリア.アデノカウラ × アロマチカ)です。蘭友さんところで紹介されていて可愛いピンクにリップには綺麗なラインが入るとても可愛い蘭で、思わず一目惚れ、入手先をお聞きしたら、現在もう無いとのことだったので、株分けしてくださいました。とっても立派な株にびっくり感謝感謝です。頑張って可愛い花を咲かせたいです。

Img_3120

そして、こちらは同包してくださったC.lucasiana (ルカシアナ) です。こちらはピンクに黄色いリップがチャーミングな蘭です。こちらもプリプリの株を送って頂き感謝です。

以前はL(レリア)の分類でロックレリアと呼ばれていた仲間ですが。その後S(ソフロニチス)の分類になり、今年C(カトレア)の分類となりました。この数年で目まぐるしく変わってしまい。この原種をつかった交配種の属の呼び名がコロコロ変わって大変なことになってます。

でも自分の中ではロックレリアの呼び名が一番しっくりきます。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

またまた新入りさん 3

'09/10/6の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温22℃ 天気:曇り時々雨

Img_3092

Epi. bractescens(エピデンドラム.ブラックテッセンス)です。カトレアの近縁種で交配にも使われてる系統です。この子は小さいタイプの子で2.5寸鉢に植わってます。

Img_3093

細い褐色系の花弁に白いリップで奥に赤紫が入る小花が咲きます。この子も可愛いんですよ。脇の新芽が動き出してます。さあ、無事に大きくなってほしいです。

| | コメント (6)

2009年10月 5日 (月)

またまた新入りさん2

'09/10/5の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温26℃ 天気:曇り

最近自分が気になる蘭は、B.nodosa (ブラサボラ.ノドサ)交配の蘭です。

Img_3095

で、今回購入したのが、Bc. Interdosa‘Charming’(ブラソカトレヤ.インタードサ‘チャーミング’)です。 C.intermedia × B.nodosa の交配です。細い花弁にリップのみに赤い筋が入る花が咲く予定です。

Img_3096 

花茎が伸びて蕾が出てますが。プラ鉢だったので、鉢増ししたら、花茎が茶色く変色しちゃいました。苔いっぱいだったので心配で鉢を変えたのがいけなかったかなぁ。花を見るまで待てば良かったかも。次回に期待で、頑張ります。

| | コメント (4)

2009年10月 4日 (日)

またまた新入りさん 1

'09/10/4の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温39℃ 天気:晴れ

今回は蘭園さんに問い合わせて入手した。Rlc.Cosmo-George‘Ohyama’(コスモ-ジョージ‘オーヤマ’)です。当初は、Lc.Cosmo-George‘Mille-Feuilles’ の入手を検討しましたが。この個体は無くなりましたとの回答があり、交配登録元の蘭園さんに尋ねたところ今回の入手となりました。この個体の花の画像は無いのですが。花形は近い形だと思うのですが咲いてくれないと解りません(笑)

Img_3075

当初検討していた花形が自分お好みだったので、この個体もと、思っています。

開花株なのでがんばって次のバルブでは咲かせたいです。

蘭園さんの情報では、

「中輪、サーモンピンク、下萼片のした半分黄色、唇弁黄色基部紫紅に脈、色彩特異」
となっています。

確かに変わっているかも・・・

| | コメント (2)

2009年10月 3日 (土)

秋の蘭

'09/10/2の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温22℃ 天気:雨

Img_30641

秋咲きのC.labiata tipo(カトレア.ラビアタ チポ)が今年も咲いてくれました。ほぼ去年と同じ頃の開花でした。

Img_3065

以前にも書きましたが、カトレアで最初に発見されたのがこのラビアタです。皆さんがよく見るカトレアの絵などもこのラビアタのことが多いです。昨年は、1花茎3輪でしたが、今年は、1花茎2輪でした。その分、花は大きいです。

Img_3066

ラビアタは香りも良くて甘い香りを漂わせていてくれます。とても落ち着く香りです。今回の撮影の時、アブ君が ずーーーっと付き合ってくれました。画像をクリックするとあちこちの画像にしっかり写ってます。

Img_3067

ペタルのフンワリした感じや、すーっと伸びたスロートも綺麗です。そしてリップのスジスジも良い感じで大好きな花です。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »