« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

また新入りさんです。1

'09/11/29の栽培場所(屋内)気温 最低気温15℃ 最高気温20℃ 天気:曇りのち雨

リトープス実験中にもかかわらず新入りさんお迎えしちゃいました(*^_^*)

Cimg13181

今回は、この4株です。

Cimg13251

今回も乾くの優先の用土配合にしました。

多肉植物用土+軽石+赤玉土+マグアンプKです。

Cimg13201

こちらは、花紋玉系 美薫玉 C168(karasmontana.Mickbergensis C168)です。

Cimg13301

赤い頂面に赤い窓、とっても可愛いです。

Cimg13311

側面のグレーも、とっても柔らかい色合いです。

Cimg13191

こちらは、朝貢玉系 朝貢玉 C120 (verruculosa.verruculosa C120)です。

Cimg13321

この頂面の渋いオレンジ系の色にガーネットをちりばめたような表情、良いですね

Cimg13331

側面のグレーが濃いめで締まって見えますね。(ピントが合ってないです。すみません)

かっこいいです。

 

残りは次回です。

| | コメント (2)

2009年11月28日 (土)

白系も咲いてくれました。

'09/11/28の栽培場所(屋内)気温 最低気温18℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

Cimg12101

C.luteola×C.schroeder(カトレア.ルテオラ×カトレア.シュローデレ)の白系が咲いてくれました。前回のピンク系とは兄弟になります。

Cimg12401

こちらはかなりコンパクトな株ですが、何とか2輪咲いてくれました。

Cimg12421_2

淡くピンクが乗りますが地色は雪のような白です。リップの黄色はルテオラの黄色がなのかなぁって思ってます。

Cimg12451

そしてこのペタル、雪が陽に当たってキラキラと光るように輝いてます。

Cimg12461

横顔です。この花も透けるような花色で綺麗です。

そうそう、今年はリップにピンクが差して華やいでます。

Img_1728_2 

こちらは、2009.11.23の画像です。花弁にかなりピンクが差してます。そしてリップは黄色のみが入るシンプルな花でした。

| | コメント (9)

2009年11月22日 (日)

今年も開花

'09/11/22の栽培場所(屋内)気温 最低気温15℃ 最高気温20℃ 天気:曇りのち雨

Img_3282

C.luteola×C.schroeder(カトレア.ルテオラ×カトレア.シュローデレ)です。原種同士の1代交配です。

Img_3283

ルテオラは、黄緑にリップに黄色が入る艶々の花弁です。シュローデレは淡いピンクの花弁で香りがとても良い蘭です。数年前の世界蘭展では大手化粧品メーカーがこのシュローデレの香りを再現した香水を作っていました。

Img_3286

このイチゴミルクのような柔らかい色合いが大好きです。

この交配は蘭友さんの間で、多くの方が持ってらして、それぞれ表情が違って面白いです。

Img_3284

リップはルテオラの雰囲気が残ってます。白い縁取りが綺麗なんですよ

Img_3287

そして、ペタルは淡いピンクの地に濃い目のピンクが細かい刷毛目のように入ります。鳥の羽のようにも見えて綺麗です。

Img_3288

リップの細かいフリフリも可愛くて大好きです。甘い柔らかい香りもします。

Img_3289

そしてこの中から染み出てくるような透明感のある色合いがたまりません。

 

 

追記-------------------

Img_16041

Den. Oriental Smile‘Fantasy’AD/AOS(デンドロビューム.オリエンタルスマイル‘スマイルファンタジー’)で作ったコサージュです。蘭は短い時間なら水が無くても大丈夫なので扱いが楽です。

| | コメント (17)

2009年11月15日 (日)

2009年リトープスチャレンジ?実験?

'09/11/15の栽培場所(屋内)気温 最低気温20℃ 最高気温25℃ 天気:晴れ時々曇り

2009年10月25日にご紹介したリトープスの挿し木苗の植え替えしました。

Img_3270

今回は今までと違う環境で育ててみようかと思い、おまじないに炭を準備しました。この炭はHCで売られているバーベキュー用の炭です。

Img_3271

その炭を鉢底に入れて虫除け兼、通気を確保しました。

Img_3272

そして乾きが良いように多肉用土+軽石と赤玉土小粒をほんのちょっと+炭の砕けたものを混ぜた用土にしました。

Img_3273

これが日輪玉系白花日輪玉 C392の抜き苗です。用土を入れて植え付けです。

Img_3274

これで受け付け完了。

Img_3275

今回は球体の底が用土に接してます。前回の挿し木した時もこの状態だったので大丈夫だと思います。

Img_3276

そして今回驚いたことは球体の軸から根が出るものだと思ってましたが。これよく見てください。軸からは出てないでしょ。そう、球体の部分から出てるんですよ。

Img_3277

違う角度からも。ね、球体からでしょ。これにはビックリしました。この株だけですけどね。でも球体が脱皮したときどうなるのかなぁ?疑問です。

Img_3303

でね、今回したかったのが直射+雨がかり栽培です。と言うのは、以前リトープスの大家の方がリトープスを露地栽培して、育ってると仰ってみえたんです。しかも元気に育ってると。そして、ネット見てたら、直射+雨がかりで元気に育ててらっる方がみえたので、有りなんだと確信。自分もチャレンジしようかなと思い。その方に用土と環境をお聞きして我が家なりのアレンジをして始めることにしました。

Img_3304

植え付けて1週間経ちますが今のところ無事にです。後は真冬と冬の脱皮の時の管理をどうするか。これから試行錯誤が続きそうです。

Img_3309

日輪玉系白花日輪玉 C392のアップです。元気なんですよ。

Img_3308

こちらは、巴里玉系黄巴里玉 C111・Aです。こちらも今のところ皺もなく元気です。

Img_3310

こちらは、紫勲系紫勲C27です。頂面の窓が綺麗なんですよ。ここから光を取り込んで中で光合成をしてるらしいです。これからが楽しみです。

| | コメント (12)

2009年11月12日 (木)

この子も咲き始めました

'09/11/12の栽培場所(屋内)気温 最低気温18℃ 最高気温24℃ 天気:晴れのち曇り

Img_3295

Rstp_striata(レストレピア.ストリアータ)も久しぶりに咲いてくれました。かなり葉焼けさせちゃいました(^_^;)

おまけに同居人さんまで元気に増えちゃって・・・

Img_3296

この花はストライプが特徴です。このゴールドに朱のラインが鮮やか花です。

Img_3297

これからしばらく賑やかに踊りながら咲いてくれそうです。

| | コメント (9)

2009年11月11日 (水)

この色、良いです♪

'09/11/11の栽培場所(屋内)気温 最低気温18℃ 最高気温22℃ 天気:雨

Img_3290

Rstp.sp(レストレピア.sp)が咲いてくれました。前回ご紹介したのが2009.5.4になってますから半年ぶりですね。

Img_3291

なんと言っても、この花色が魅力です。綺麗なオレンジ色に赤紫のドットが鮮やかで大好きです。

Img_3292

そして楽しげに踊ってるようにも見えて、こちらまでニッコリです。

Img_3294

今度は真正面からです。白い縁取りが鮮やかで付け根の黄色が良いアクセントになってます。

久しぶりに開花してくれて本当に嬉しいです。

ちなみに、レストレピアは、同じバルブから何度も花を咲かせてくれるちょっと変わった蘭です。でも嬉しいです。

| | コメント (8)

2009年11月10日 (火)

ありゃぁ~(T_T)

'09/11/9の栽培場所(屋内)気温 最低気温18℃ 最高気温26℃ 天気:晴れのち曇り

Img_3278

B.nodosa(ブラサボラ.ノドサ)が咲いてくれました。蘭の原種の一つです。前回ご紹介したMrr.Wakamodosa 'Ohyama'(マリオラッタ.ワカモドサ 'オオヤマ') の交配にも直前ではないですが使われています。

Img_3279

ただ、今年は変な風に咲いちゃいました。この間急に寒かったでしょ。あの時、蕾が大きくなりかかっていた頃でした。そこへあの冷え込み、そして室内へと温度変化がありすぎて、花が満足に生長できなくて花弁がくっついてしまいました。

Img_3281

こちらの花は完全に全ての花弁がくっついてしまって開くことが出来ません。可愛そうに(T_T)

Img_3280

綺麗な淡い緑の花弁がリボンのように綺麗に流れて、」白い大きなリップとの対比が綺麗な花なんです。来年はしっかり咲きたいよねっ。

ううっ、そういえば去年はシケてしまったんでした。

その前の画像がありますので載せておきます。

Img_92741

こんな感じに咲く予定だったんです(T_T)

Img_9279

この流れるような曲線が綺麗なんです。

来年は絶対見たいなぁ。

 

 

 

 

 

 

追記---------------

Img_2876

こちらがRcv.Jimminey Cricket (リンコボラ.ジミークリケット) です。よく似てますよね。でも拡大して見るとリップの縁に細かい切れ込みが入ります。似てますね。

| | コメント (8)

2009年11月 8日 (日)

柔らかい色です♪

'09/11/8の栽培場所(屋内)気温 最低気温18℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

Img_3242

今年も Mrr.Wakamodosa 'Ohyama'(マリオラッタ.ワカモドサ 'オオヤマ') が咲いてくれました。

葉焼けさせてしまっているので恥ずかしいです(^_^;)

Img_3243

今年は、1花茎2輪の開花となりました。昨年より少し早い開花となりました。この花は、ふんわりとした色が良いです。ふぅ~と優しく包まれるような感じがします。

Img_3245

横顔です。スタンダードのカトレアに比べたら細い花弁ですが。すっきりとしていて透明感がある花は、なかなか無いように思います。

Img_3244

リップの奥には、しっとりした黄色がアクセントになってます。香りもあるんですよ。香りはこの黄色のような少し肉桂のような強い香りです。でも拡散しないです。

Img_3246

リップの筒の部分の柔らかい色が好きです。上にほんのり染まるピンクも可愛いでしょ♪

今年は、去年より早く咲いたからかピンクの乗りが淡いです。この雰囲気も良いですね。

 

 

 

 

 

追記-------------------

Img_71421

こちらがMrr.Wakamodosa‘Winter Light’(マリオラッタ.ワカモドサ‘ウィンター ライト’)同じ交配の兄弟株です。

兄弟ですが雰囲気違うでしょ。名前の通りの暖かい雰囲気の色です。

| | コメント (6)

2009年11月 7日 (土)

花いっぱい

'09/11/7の栽培場所(屋内)気温 最低気温18℃ 最高気温25℃ 天気:晴れ

Img_3241

2009.10.11にご紹介した。ビオラ. ペニーオレンジジャンプアップが、たくさんの花を咲かせてくれました。初めてのビオラですが、こうやって咲いてくれると良い感じですね。

Img_3240

紫にオレンジの色の組み合わせが、良いですね。

見てると凄く元気貰えるような気がします。よく見るとサイドにも紫の入る花もあって、それも愛嬌があって好きです。

Img_3265

2009.10.24にご紹介したC.hederifolium‘Ruby strain’(シクラメン.ヘデリフォリウム‘ルビー ストレイン’)の、その後です。

葉がしっかり展開してきました。1枚ですがしっかりシクラメンの葉してるのが可愛いです。これからが楽しみです。

| | コメント (4)

2009年11月 3日 (火)

2009年大文字草2

'09/11/3の栽培場所(屋外)気温 最低気温6℃ 最高気温25℃ 天気:晴れ

Img_3254

今年もときの羽重 が咲いてくれました。去年より1週間ほど遅い開花です。

Img_3237

咲き始めは名前の通りの濃い朱鷺色が中心部に濃く現れています。

Img_3236

そしてこの花は手を開くように花弁が順番に開きながら伸びていきます。

Img_3239

そして開ききると柔らかい朱鷺の羽が開いたように全ての花弁が伸びて咲きます。この花は雄しべがありません。全て花弁に変化した種のようです。

朱鷺が舞い飛ぶように、あちこちに向いて咲く面白い花です。

| | コメント (6)

2009年11月 2日 (月)

2009年大文字草1

'09/11/2の栽培場所(屋外)気温 最低気温12℃ 最高気温32℃ 天気:曇り時々晴れ

今回は、強烈な風邪に罹り、家族もインフルエンザA型に罹り、何日も寝込むことに。皆様も今流行ってますのでお気を付けください。

Img_32291

大文字草の伊予の華が今年も満開になりました。大文字草は夏の強い陽射しが苦手なので我が家のベランダでは置き場所に苦慮してますが何とか頑張ってくれてます。去年に比べると今年の方が2週間ほど早い気がします。急に寒波も来たり夏が幾分涼しかったのもあるんでしょうか?

Img_3230

この大文字草は、とても華やかに咲いてくれるので、落ついた花色が多くなる時期なので嬉しいです。

Img_3232

咲き始めは、こんな感じの色です。(もうちょっと紅が入ります)

Img_3231

それが数日すると花弁も伸び伸びた分、花色が淡くなります。

Img_3233

そして伸びきるともっと淡くなって、最後はかなり白っぽくなります。なので一株で多くの花が楽しめて結構好きです。

Img_3253

日本の和装の柄や色にあるような、日本らしい「晴れの日」を感じる花です。

| | コメント (6)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »