« セダム・カウルレア咲き出しました♪ | トップページ | 初挑戦の新入りさんと新入り多肉さん »

2010年5月22日 (土)

2010年ミニバラ3

'10/5/22の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温27℃ 天気:晴れのち曇り

Cimg20131

3番目に咲いたのはLovely・More(ラブリー・モア)です。花が他のミニバラより少し大きくて茎がしなります。

Cimg20151

咲き始めの花です。とっても柔らかいピンクで赤ちゃんのような可愛さです。

Cimg20171

横顔です。ねね、可愛いでしょ。頬擦りしたくなるくらい愛おしいです。

Cimg20141

少し咲き進むと花弁の咲きのピンクが濃くなっていきます。

赤ちゃんから、頬を染める少女のような可愛さです。

Cimg20181

こちらも横顔です。バラは横顔も良いですよね。

Cimg20161

そしてしっかり開く頃には、かなり弁先にピンクがたくさん入って乙女になります。

Cimg20191

恋する乙女は、ときめいてピンクに染まっていきます。

|

« セダム・カウルレア咲き出しました♪ | トップページ | 初挑戦の新入りさんと新入り多肉さん »

コメント

恋する乙女ですか~~~恥ずかしいです。

でもそんな感じのミニバラですね。
セダムの花も小さくてかわいいです。

TOTOROさんってかわいいもの大好きなんですね…何だかムフフです。

投稿: あずきママ | 2010年5月22日 (土) 23時48分

あずきママさん、こんばんは。

>恋する乙女ですか~~~恥ずかしいです。

あはは、自分も書いて恥ずかしいです・・・
ボキャブラリーが少なすぎて、良い表現が見当たらなかったんですよねぇ。

>TOTOROさんってかわいいもの大好きなんですね…
>何だかムフフです。

あはは、可愛いの大好きです。ちょっと変わったのも好きです(笑)
場所の都合もあってコンパクトなのが多くて必然的に豪華に咲かせられなくて、まあ可愛いのばかりに(フフフ)


投稿: TOTORO-K | 2010年5月23日 (日) 02時30分

うわぁ〜これもとても素敵。微妙な色合いも形も。
私も場所と充分な日照確保が難しく、それでも手もとに置くことを前提に植物を見みるため、実物を前にすると、バラではミニ系に関心があります。

だからといって大輪種の花に憧れないわけではなく、それの魅力を保ったまま小型にしたようなミニバラがあればなぁ、という思いも。
バラは先入観で難しいという気持ちがあったため、うちのミニバラは、十数年前のある日、葉は元気で奇麗なのに処分品の花無しミニバラを見て、廃棄されるくらいならここから始めてみようと入手したのを始めとする株数点なのです。

が、世の中にこんな素敵なミニバラがあるなんて、もしも私がもっている株同様に丈夫なもの(消毒をしたことは無いです)なら、ああ、いいなあ…。

もう、TOTORO-Kさんたらご謙遜を。
ちょっと小型種とは思えないような、魅力的な花姿を引き出し咲かせていらして、充分豪華ですって!
うちのミニバラたちはほっといても四季咲きはしてくれますが、ほったらかしが過ぎると花弁が減る(黄色・橙)、数はそのまま芯側花弁が短く細かくなる(ピンク)という正直な反応の実例を見てきていますから(威張って言えることではないですが…)。
品種によるもともとの形の違いがあるにしても、この良さは伝わりますよ〜。

投稿: いっこ | 2010年5月23日 (日) 11時22分

こんにちは~totoroさん。

頬を染める少女から恋する乙女ですか^^。

とってもステキな表現ですね!恥ずかしくないですよ~ぴったりな表現ですよ♪
それにしても、綺麗にしっかりと咲きましたね。管理が行き届いているんですね。
ラブリーモア、咲くとしだれてとっても可愛いんですよね。
数年前まで我が家にもあったんですが、ミニは全てお友達に託したのでtotoroさんちで見せていただいてます^^。

 

投稿: くれま | 2010年5月23日 (日) 13時05分

こちらもおじゃましまーす♪

ふふふ^^TOTOROさんは表現が素晴らしいですね~。
きっとお気に入りのバラなんですね。
私も這沢とかになると、もう手放しで誉めますもん。
だけど可愛い表現慣れてないので、やっぱり「きゃあ~」ってこそばゆくなります^^;

ラブリー・モアとかホワイトピーチオベーションとか、私も候補に挙がったミニバラでした。
紫外線で真っ赤に染まりますよね。
うちは日当たり悪いので、乙女にならずにずーっと赤ちゃんのままかもしれません(;´д`)トホホ…

投稿: ままこっち | 2010年5月23日 (日) 16時32分

いっこさん、こんばんは。

バラって場所がいりますよね。
自分もミニバラで我慢してますが。やはり大輪系の華やかで芳しい花は憧れますね。

え~、ミニバラ十数年も育ててるんですか?凄い凄い!!
しかも、処分品から。処分品って株が痛んでることも多くて、自信がないと手を出せないですよ。まあ、練習駄目もと、ってのもありますけどね。でも回復させて育てるの結構大変ですよ。
わが家のミニバラは、古い株で6年、ラブリー・モアは2007年からなので4年です。
まだまだです。

この株達は丈夫な品種だと思います。
わが家は、パトラの為に鉢で勝手に増えているキャットニップを育てているのでなるべく消毒をしないようにしています。
蘭の場合は出来るだけ離して風下でするようにしています。
パトラはキャットニップを食べるのが好きなんですよ。なので少し気を遣います。
わが家のミニバラは、植え替えと剪定を繰り返してるだけです。初め数年は環境に慣れるのと、こちらも慣れないために調子を落としましたが最近元気です。この冬は植え替えないとまずいと思っています。

有難うございます。
ラブリー・モアは、株の割に大きな花が咲きます。なので株の性質です。
でもやはりバラは肥料が必要だと感じます。
あと、他の方の別のコメントでも書きましたが、排水の良い用土で小まめに水をあげる方が良いように思います。
自分は購入時の用土は全て入れ替えました。ピートモス主体の用土だったので、自分の潅水スタイルだと乾きすぎて、水が吸わなくなって根が傷むので入れ替えました。

ラブリー・モアは花が大きいので、花が下垂した状態で咲くこともあります。なのでハンギングが好きな方にも良いかもしれません。
丈夫な品種ですのでお勧めです。
わが家の株は、全て、セ○ト○ルローズさんの株です。

投稿: TOTORO-K | 2010年5月23日 (日) 16時57分

くれまさん、こんばんは。

あはは、沢山バラを育ててる、くれまさんに言われると、嬉しいです。
初めの頃は色々教えて頂いて助かりました。

ラブリー・モア、可愛いですよね。
花が大きいので、垂れやすいですが。
花色が綺麗で大好きです。

くれまさんの所は、スタンダードのバラが多いしクレマチスも、クリローも半端じゃないから、ミニバラちゃん居なくても十分ですよ。
はい、ミニバラは、わが家のを楽しんでくださいね。

投稿: TOTORO-K | 2010年5月23日 (日) 17時08分

ままこっちさん、こんばんは。

>ふふふ^^TOTOROさんは表現が素晴らしいですね~。

あはは、もう、ボキャブラリーが少なすぎて、お恥ずかしいです。

わが家の子達は、みんなお気に入りです。
初めから沢山育てるのは無理だと思っていたので各色1品種と決めてました。
残念ながら白のRoyalwhite Optima(ロイヤルホワイト・オプティマ)は駄目にしちゃいました。
ただ、場所や管理のことを考えると、これ以上無理かなぁって思います。実はブルーも気になるし、色々誘惑に負けそうな時もありますが、頑張ってます(笑)

確かに陽の当たり具合で、花色変わりますよね。
わが家は今の時期、陽が当たりますが。
もうそろそろバラの場所も当たらなくなります。ちょうど有り難いんですけどね。

>うちは日当たり悪いので、乙女にならずに
>ずーっと赤ちゃんのままかもしれません(;´д`)トホホ…

あらぁ~、ちょっと悲しいかも。
でもあの柔らかいピンクは、とっても癒されるピュアな色だと思いますよ。
それが最後まで楽しめるのもありかもしれませよ。

投稿: TOTORO-K | 2010年5月23日 (日) 17時22分

ミニバラを綺麗に咲かせておられますね.家ではミニバラは難しいです.どうしても黒点病がでてしまいます.今年は,軒下に移動したのですが,移動する前に雨ざらしだったのがよくなかったのかもしれません.

投稿: uchiyama | 2010年5月23日 (日) 21時02分

uchiyamaさん、こんばんは。

有難うございます。
わが家は軒下栽培なので低温下で長雨に当たるなどが無いので管理は楽なのかもしれません。
今年は、成績良く咲いてくれました。
この冬は植え替えないといけないかなぁと思っています。
とりあえずは、花後のお礼肥をして上げないといけませんね。
uchiyamaさんの所はスタンダードのバラを沢山お持ちなので管理も大変だろうなぁと思います。毎年どの花も綺麗に咲かせてらっしゃるので凄いです。

投稿: TOTORO-K | 2010年5月23日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セダム・カウルレア咲き出しました♪ | トップページ | 初挑戦の新入りさんと新入り多肉さん »