« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

2010年6月蘭園フェア

'10/6/28の栽培場所(屋外)気温 最低気温26℃ 最高気温35℃ 天気:曇りのち晴れ

Cimg24331

今日はメチャメチャ暑かったですが、昨日はムシムシと暑くて、そんな中蘭園さんのフェアがあったので、蘭園さんの温室で蘭友さんと待ち合わせて楽しんできました。今回目に止まったのが、Rby.Little Dinosaur 実生(リンコブラソレヤ.リトル ダイナソー)でした。コンパクトなのに大きな花が咲くのを選んできました。

Cimg24341

この交配は、Rlc.Mem.helen Brown × Rcv.Jimminey Cricket で、そうノドサがおじいさんに使われている交配です。こういうタイプ好きなんですよねぇ。色はとっても爽やかな黄緑色です。

Cimg24351

2008年7月9日に、須○田農園さんからRHSに登録された蘭です。

Cimg24371

リップの縁の切れ込みとウェーブは、ジミークリケットの面影があります。

Cimg24381

横顔だともっとよく解ります。この花、夜香るかなぁ~って期待してたんですが残念ながら香りは無さそうです。花がとっても爽やかで、良い株に巡り会えました。

| | コメント (10)

2010年ウチョウラン開花21、22、23、24、25

'10/6/27の栽培場所(屋外)気温 最低気温23℃ 最高気温30℃ 天気:曇り時々雨

Cimg23421

このタイプは咲き方に特徴のあるタイプです。

Cimg23431

連舌のタイプで、リップが凧のように平から少し湾曲して咲いてます。

Cimg23441

こちらも連舌です。普通のタイプと咲き方が違うの解ります?

Cimg23451

解るかなぁ?

Cimg23461

こちらも連舌で紫一点です。これは解りやすいかなぁ

Cimg23471

答えはこれ。リップが垂直に咲くんです。だからリップが真正面から見ることが出来る面白いタイプです。

Cimg23661

こちらは、丸い丸いタイプです。

Cimg23671

リップの縁が一続きの円のように繋がっていて、上のラインも綺麗な曲線を描いてます。

Cimg23681

こちらはズングリとした感じの花で、クマバチのようなひょうきんな雰囲気がして楽しいです。

Cimg23231

こちらは上品な感じがするタイプです。

Cimg23241

リップに仁王系の影響が見られますが開ききると丸く繋がって付け根にだけ入る斑紋がとても上品です。

Cimg23251

こちらは仁王系の影響が強く出てます。リップの縁のウェーブが入り優しい色合いがほんわかと包み込んでくれる感じです。

Cimg24101

こちらはさらに優しい雰囲気のタイプです。

Cimg24111

少し墨の入ったような淡い紫にソバカスが入る可愛い花です。ペタルやリップの付け根の白がとってもピュアで優しさ全開。

Cimg24121

こちらのリップは少し撫で肩でお茶目な感じがします。

Cimg24141

こちらは斑紋が細かくてサラッと蒔いた感じでとってもピュアなお気に入りの花です。

Cimg23091

こちらは変化咲きのタイプです。

Cimg23101

解りますか?花の雰囲気違うでしょ。

Cimg23111

これは、ペタル部分がリップ化した「兜咲き」にあたる花だと思います。

| | コメント (4)

2010年6月26日 (土)

2010年ウチョウラン開花16、17、18、19、20

'10/6/26の栽培場所(屋外)気温 最低気温23℃ 最高気温28℃ 天気:雨

Cimg23771

正反対の2株が入ってます(あはは)

Cimg23821

斑紋の色が優しく入る可愛いタイプの花です。

Cimg23831

こちらは連舌で、濃色紅一点が入るタイプです。小輪タイプですがリップが丸くて、咲き方がちょっと変わっていて面白いです。

Cimg23861

この花、横から見るとよく解ると思います。ねっ、変わってるでしょ。そうリップがほぼ水平に咲くんです。縁もすこし上向いていてユニークです。この花は少し上から見た方が楽しいです。

Cimg23781

わが家が使っているプラ鉢は底の部分が放射状にスリットがあるんですが。ここから根が出るんですよねぇ。この根折らないように気をつけたいです。元気にノビノビ育って大きくなって欲しいです。元気な証拠です(* ̄ー ̄*)

Cimg23521

こちらは優しい色タイプです。

Cimg23531

白に細かい斑紋が涼しげなタイプです。

Cimg23541

両サイドの稲妻と先端が染まる姿が可愛いタイプです。

Cimg23551

こちらは細かい斑紋と比べるとかなり雰囲気違うでしょ。表面が名前の通り羽蝶蘭の蝶の鱗粉ような雰囲気してて面白いです。

Cimg23881

この株も特徴的な花が咲くタイプです。

Cimg23891

白花です。形が五角形のような感じです。リップが大きいですがフラットに広がる綺麗な花型をしています。

Cimg23901

こちらは上端が水平でリップが半円のような綺麗な形で、花色は派手さはないですが、癒される花です。

Cimg23921

中央の白抜けが綺麗な花です。ペタルの先端がほんのり染まるのが可愛いです。

Cimg23931

こちらは、リップの柄が木版画で刷ったような雰囲気のある花です。とっても優しい感じがいいです。

Cimg23731

純白の株です。

Cimg23741

まさにシルクのような透明感と艶が綺麗です。

| | コメント (4)

2010年6月23日 (水)

2010年6月、恥ずかしながら わが家のベランダ

'10/6/23の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温29℃ 天気:雨のち晴れ

Cimg24291

恥ずかしながらですが。いっこさんからのリクエストで、わが家のベランダがデンドロビュームとウチョウランで花盛りなのでは?見てみたい。ということでしたが。残念ながらこの時期のデンドロビュームは花持ちが悪くてあまり残ってませんです。すみません。洗濯物まで映り込んでしまって・・・(泣)

これがわが家のベランダです。奥行き1.4m、巾2.0m、高さ2.5mほどの場所が自分の育ててる広さです。こんな広さの環境ですから上を利用するしか無くて、蘭は、画像右側に棚を置いて蘭を並べてます。それでも置ききれない物は棚の上やフックで吊り下げてます。草花系は、そう言う訳にもいかず、狭い場所で列んで我慢して貰っています。

Cimg24301

さらに溢れた鉢物は、妻が洗濯物を干す場所の一部を少しだけ使ってますが。ここは基本的に妻が洗濯物を干す場所なので蹴飛ばされたりしてしまう可能性も。基本的に干す場所ですからねぇ。と言うことで、わが家は小さな蘭くらいしか置けなくなりました(あはは)

手すりの下は今年初めて置く場所なので、この夏どうなるのか???真夏は下ろした方が良さそうな気がしてます。(鉢が焼けそうですよねぇ・・・)その場所も考えねば。

こんな場所でチマチマと育ててます(あはは)綺麗な場所でも無くてただ目一杯ぎゅうぎゅう詰めで育ててるのが現状です(/ω\)ハズカシーィ

Cimg24311

ウチョウランも、こんな感じでトレイに入れて目一杯の状態で育ててます。本当はもっとゆったり咲かせて上げたいんですけどねぇ。

Cimg22091_2

この時期毎年やってくる雨蛙くんです。わが家は1階ではないので登ってこないと、ここまでくることが出来ません。なのに毎年顔を見せてくれます。水やりをするとめんどくさそうに飛び退いて、どこかへ行ってしまいますが。数日するとどこかにいます。夏以外どこでどう暮らしているのか???

出来れば一宿一飯の恩義で虫を沢山食べて欲しいのですが、なかなか、そう上手くはいきませんね

追加---------

Cimg24321_2

蘭は、こんな感じでトレイに入れて管理してます。もう、ギュウギュウ詰めです。水は直接下の鉢に落ちないように、樹脂の波板を取り付けて手前に流れ落ちるようにしています。まあ、こんな管理なので蘭には厳しいですね。

| | コメント (14)

2010年6月22日 (火)

2010年6月アイランドヒース

'10/6/22の栽培場所(屋外)気温 最低気温23℃ 最高気温32℃ 天気:曇りのち晴れ

Cimg22921

2010.5.1にご紹介したアイランド ヒース 絞り(ダボエシア・カンタブリカ(Daboecia cantabrica))が、次々に花を咲かせてくれてます。

Cimg22931

やっと名前通りの絞りの花も咲き始めて嬉しいです。

Cimg22941

拡大すると凄いです。こんなトゲトゲがいっぱい付いてます。よくパトラの毛が飛んで付いたりしてるんです。それにしてもビックリでした。

Cimg22971

こんな赤のラインの太いのも咲いてます。面白いですね。

Cimg22951

そして赤花も咲いてます。

Cimg22952

口元の拡大です。キュッと締まった口元はグラデーションになっていて綺麗です。

初めての夏越し上手く超えて欲しいです。

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

2010年ウチョウラン開花11、12、13、14、15

'10/6/19の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温28℃ 天気:雨

Cimg23291

今年は、前半液肥が少なかったので今ひとつ上がりが良くないようです。サボると正直に出ますね。

Cimg23301

こちらも筆でチョンチョンと置いた色が滲むように広がって行きます。リップはちょっと面長ですね。

Cimg23321

こちらも置いた色が滲む感じですが。こちらは少しはっきり見えますね。

Cimg23341

こちらは、今までのと少し花型が違うタイプです。リップが大きい「仁王系」が含まれるタイプです。

Cimg23361

仁王系と普通の花型の中間タイプかなぁ。リップの中央と両サイドがオーバーラップしてボリューム感があります。2色に分かれて綺麗です。

Cimg23381

こちらはかなり普通型よりですが、丸弁で大きいです。このコロン具合が好きです。

Cimg23391

こちらも普通型よりですが丸くてリップがオーバーラップしてますね。下の方が紫に染まるだけで印象違いますね。

Cimg24201

こちらは上記の株と同じ系統です。

Cimg24211

こちらは「仁王系」ですね。リップが大きく広がって周りに細かい切れ込みが入ります。大きなリップですが色が柔らかいので優しい雰囲気がします。

Cimg24231

こちらも上記と同じタイプですが斑紋が細かく綺麗に入ります。そう、丁寧な刺し子のようです。

Cimg24241

こちらも、同じタイプですが、リップ中央下側にのみ色が乗って可愛く見えます。

Cimg24261

仁王系は、横から見るとリップが、こんな感じでユーモラスにも見えます。

Cimg22981

こちらも「仁王系」です。

Cimg22991

大きなリップで迫力があります。斑紋も細かく入って、なんともユーモラスな花です。

Cimg23001

こちらは少し温和しいリップです。斑紋も少し減って浴衣柄のようです。

Cimg23011_2

でね、こちらは普通型の花ですが、リップの模様がはっきりくっきり、ペタルの白が花を浮き立たせて綺麗です。でも見方によっては、小さな帽子を被った宇宙人のようにも見えてきちゃった・・・まずいなぁ。

Cimg23021

再度仁王系に戻りましょう(笑)

こちらはリップがかなり大きいです。なかなか憎めない良い味してます。わが家の仁王さんはお茶目な方が多いです。

Cimg23151

こちらは、普通種ですが、リップが連舌タイプです。小輪ですが沢山咲くので豪快ですね。

Cimg23161

花は濃くてビッシリ咲いてます。

Cimg23191

花のアップです。リップ丸いでしょ。そして和紙を染めたような微妙な斑が濃くて綺麗です。ペタルの浸みるような透明な感じも良い味してます。

| | コメント (10)

2010年ウチョウラン開花7、8、9、10

'10/6/19の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温29℃ 天気:曇りのち雨

Cimg22671

去年近所の園芸店で寄せ植えになっていたウチョウランです。他の色のと分けたくて開花中でしたが強引に植え替えたからなのか?管理が悪かったのか?こんな、小さく咲いてしまいました。今年はしっかり管理して大きくしたいです。

Cimg22681

この丸弁でビロードのようなリップ気に入ってます。

Cimg22691

ペタルにも色が入って少し悩ましげな花です(フフフ)

Cimg22711

こちらはリップに太筆でラインを書いたように入るタイプです。

Cimg22721

ね、豪快にビュッ、ビュッと描かれてます。

Cimg22731

こちらは、テクニックを使って擦れの味を生かした感じで味わいがあります。付け根部分の白がくっきりして綺麗です。

Cimg22751

こちらもリップにラインですが、こちらもテクニックを使ったラインです。

Cimg22761

リップの付け根から3方向に滲ませながら描かれた絶妙なラインとくっきりした白が綺麗です。

Cimg22771

こちらも同じですが、にじみ具合が少し濃いですね。どちらも味のある花で好きです。

Cimg22791

こちらは、桃姫です。今年も元気に咲いてくれてます。

Cimg22811

とっても柔らかい花色でお気に入りの花です。見てると和んでしまいます。

Cimg22821

花のアップも、綺麗なピンクでしょ。そしてペタルには白に、うっすらピンクが染まって、リップにも少しだけ濃い桃色がうっすらと滲みながら溶け込むように入るのがたまりません。

Cimg22822

蕾の開き始め、生き物みたいで可愛いでしょ。

| | コメント (2)

2010年6月17日 (木)

おじいさん妖精が咲いてます。

'10/6/17の栽培場所(屋外)気温 最低気温21℃ 最高気温32℃ 天気:晴れ

Cimg21981

Rstp.filamentosa (レストレピア.フィラメントーサ)が、また咲き出しました。

Cimg22051

レストレピアは、見てて楽しい花です。特にフィラメントーサ、おじいさん妖精に見えるので、いつもフフフって笑っちゃうんですよねぇ。このおじいさん妖精は、鉤鼻ですが憎めない良い味してるんです。

Cimg21991

こちらの角度だと長い眉毛が、ビューッと伸びて元気いっぱいの、おじいさん妖精です。

Cimg22031_2

今回も先端撮影頑張って見ましたが無理でした。ほんと綺麗な色なんですよ。

Cimg22041

横顔撮影です。個々のパーツが綺麗な色です。

Cimg22061

リップのラインが良いんですよ。黄金色のメタリックに臙脂のペンシルストライプが丁寧に描かれていて本当に綺麗です。

| | コメント (8)

2010年ウチョウラン開花5、6

'10/6/16の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温30℃ 天気:晴れ

Cimg22451

純白のウチョウランです。色の入る花の中に白い花は目立ちます。

Cimg22461

リップは、菱形のように見えるタイプです。リップ全体に、ウェーブがかかって立体的に見える花です。

Cimg22471

この花正面から映る花だと解りにくいですが。横から見ると翼を広げて、下界を見下ろすように、少し頭を下げた天使の姿のようにも、見えます。

Cimg22261

こちらは柔らかい色合いの花です。

Cimg22271

リップは、丸みを帯びた四角のようで少しユーモラスな形の花です。斑紋は筆で書いたように途切れながらも続く線がなんとも楽しいです。両横がほんのり染まる感じも良いです。

Cimg22281

こちらは、上記の花をもう少しはっきりコントラストが着いた花です。なかなか派手な花で楽しいです。

Cimg22291

この花は上記の花とタイプが違います。柔らかい紫は何とも可愛くて、まるでベビー服着た赤ちゃんのようです。

| | コメント (4)

2010年6月16日 (水)

2010年ウチョウラン開花2、3、4

'10/6/15の栽培場所(屋外)気温 最低気温21℃ 最高気温26℃ 天気:曇りのち雨

ウチョウランの開花が順番に始まりました。

Cimg22211

まずは、№2サツマチドリ系の花です。背高さんから小っこいのまで同じ場所なのに凄く差が出てます。

Cimg22221

リップの斑紋がとっても優しくて両サイドがほんのり染まる可愛い子です。

Cimg22231

こちらは斑紋がしっかり太くて中央のみ白く抜ける元気いっぱい、夏娘さんです。

Cimg22241

こちらは斑紋が細かくて繊細です。リップの中央がこちらも白くくけますが、花弁も細くて全然イメージ違いますよね。ふんわり赤ちゃんって感じかなぁ♪

Cimg22251

こちらは、斑紋がしっかり出ていて赤みもあるタイプですね。リップの周りのみが丸く染まるピュアな感じのたいぷですね。

Cimg22321

こちらは№3 花穂が寝てしまって、棚の奥なので仕方ないんですが・・・(笑)

Cimg22331

リップが丸くて、元から水彩絵の具を染みこませたように優しく広がってとても綺麗です。真っ白に付け根部分の色が抜けてるのも良いですね。

Cimg22341

こちらも丸弁ですが純白です。コロンとした姿が可愛いです。

Cimg22351

こちらは、最初の花の染みこませて水彩絵の具の色を重ねた感じで、付け根のソバカスと、ローセパルの白とのコントラストが綺麗な花です。

Cimg22361

こちらのリップも丸いですが、斑紋は筆で描いて滲ませたような整った斑紋をしています。こちらもローセパルの白とのコントラストが綺麗な花です。

Cimg22381

№4コンパクトに咲いてくれてます。

Cimg22391

こちらはリップが連なってますが、スカートをはいた、お人形のようで可愛いです。両腕は、パーッと広げてますね。

Cimg22401

こちらも連舌ですが、濃色タイプです。白との対比が綺麗です。

Cimg22411_2

そして、こちらも連舌ですが、中央部が白く抜けるタイプで柔らかい感じがして可愛いです。ぼかしになってるので、虹系と呼ばれているタイプです。こちらも可愛いです。

| | コメント (6)

2010年6月14日 (月)

青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔+小輪絞りあさがお植付け

'10/6/14の栽培場所(屋外)気温 最低気温19℃ 最高気温23℃ 天気:雨のち曇り

Cimg22141

青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔が本葉を数枚出したので、本植えをしました。

Cimg22151

下からも根が出てきていて、少し遅いと大変になります。

Cimg22161

本葉は、この縮れた葉が本葉です。変わってるでしょ。

Cimg22171

ベルママさんから頂いた小輪絞り朝顔も本葉が出てきたので定植しました。双葉の時に3芽ほど虫に食べられてしまって残ったのは、この3芽となりました。

Cimg22181

根も回り始めて来ているんで、ちょうど良かったです。

Cimg22191

それぞれ定植完了。数日は雨模様の天気なのでちょうど良いです。元気に育って欲しいです。

| | コメント (4)

パトラのお気に入り?

'10/6/13の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温26℃ 天気:曇りのち雨(梅雨入り)

梅雨入りしました。
午後から雨が降り始めましたが、風があって涼しくて気持ちよかったんですが、夜には空気が入れ替わったのかムシムシしてきました。

パトラのお気に入りが洗濯カゴです。
なかなか出てくれなくてこのまま取っ手を持っても歩いて移動しても出てきません。

「なに??」
Cimg18901

 

 

 

 

「妻が正面から交渉」

Cimg18951

 

 

 

 

 

「横に回って」

Cimg18971

 

 

 

 

 

「出てよ」

Cimg19021

 

 

 

 

 

「だから出て」

Cimg19031

 

 

 

 

 

「出なさい!!!」

Cimg19091

 

 

 

 

 

この後、妻によって強制退去となりました。

もうね、急いで取り込まなきゃいけない時は大変でしょうね。

このカゴに入ったままベランダへも出られそうです。

困ったものです。(あはは)

| | コメント (6)

2010年6月13日 (日)

2010年屋外育ちのデンドロビューム開花6

'10/6/13の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温26℃ 天気:曇りのち雨(梅雨入り)

Cimg21761

屋外育ちのデンドロビュームの最後はDen.To My Kids 'Dream' (トゥ マイ キッズ ‘ドリーム’)です。2004年3月にわが家に来ました。毎年頑張って咲いてくれます。

Cimg21771

純真無垢な、汚れのない赤ちゃんのように咲く姿は可愛いです。弁先にわずかに入る赤紫は、ほんのり染まる頬のようです。

Cimg21801

リップも少しだけ赤く染まって可愛い唇のようです。

Cimg21791

さらにアップです。フワフワ~です。このデンドロビュームは熟したバナナの甘い香りがして美味しそうです。

Sn3g08421_3

美味しいと言えば昨日知人と打ち合わせがあってバイキングのお店に行って来ました。2時間2.1K。とっても美味しかったですがお腹もいっぱいに!!

自分が手前です。2プレートにデザートはさすがに食べ過ぎました。でも知人はそれ以上で、もうビックリびっくり!!!

| | コメント (4)

2010年6月10日 (木)

今年は咲いてくれました♪

'10/6/9の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

Cimg21921

去年は咲かずに終わってしまったツクシカラマツが今年は咲いてくれました。しかも沢山蕾が上がって嬉しいです。

Cimg21841

今年は、蕾が上がって来る少し前から、陽に良く当るような置き場所に変えました。これが良かったかもしれません。このピンクの くす玉のように咲く花が可愛くて2年前から再チャレンジしてます。昔々大好きで育ててたんですが。園芸を一切止めてしまったので山野草も一切なくなりました。久しぶりに出会うこの花やはり好きです。

Cimg21941

でも見れば見るほど不思議な花です。

Cimg21942

花弁が小さくなってしまって蘂が肥大化した花なのかなぁと、この花、雌しべが無いかも結実したの見たことがありません。

しばらく楽しませて貰えそうです。

| | コメント (10)

2010年6月 8日 (火)

2010年屋外育ちのデンドロビューム開花5

'10/6/8の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温23℃ 天気:曇り時々雨

Cimg21621

Den. Sunny Smile‘Pink Ribbon’(サニースマイル‘ピンクリボン’)が咲いてくれました。花が少しコンパクトですが沢山咲いてもスッキリ優しい感じが良いです。

Img_23211

これがわが家に来た時の姿です。バルブは少し細くて華奢な感じがしますが。元気に育って沢山の花を付けてくれました。

Cimg21631

とっても柔らかい色合いなんです。華やかな色が多い中、逆にとっても気になった色でした。少し和の色合いを感じました。通常だとリップに目立つ色が入ったりしますが。この花は、極々薄い朧月のような色が微かに入ります。

Cimg21661

2輪列んだ姿も可愛いでしょ。春霞の夕暮れ時に咲く桜のような、なんとも言えない穏やかな雰囲気のあるお気に入りの花です。

Cimg21641

恒例のリップのアップです。花粉のキャップの部分の紫色が、とっても印象に残ります。これがまた可愛いんです♪

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

咲いてしまいましたぁ

'10/6/7の栽培場所(屋外)気温 最低気温22℃ 最高気温26℃ 天気:曇り時々晴れ

Cimg21491

6/2にご紹介したラベンダー‘羊蹄’が咲いてしまったので、早朝でしたが慌ててカットしました。気温が高くなってからが良いんですが、平日は待てなくて仕方ないです。

Cimg21501

この摘み取った花穂は束ねてしばらく乾燥させます。乾燥させるとフレッシュの時とは香りが違って甘い香りに変わります。今年はラベンダースティックにしようかなぁ。

Cimg21461

そうそう、3/27にご紹介したシクラメンの 森のかがり火たち の種が芽を出してくれました。良かった。無事出るのか凄く心配してました。暑い時期になる前に出てくれたので、今のうちに充実させて夏を迎えたいと思います。

Cimg21451

そうそう、6/2 にご紹介したLovely・More(ラブリー・モア)が満開を迎えました。色が涌き上がって来るように咲いてます。とっても綺麗な満開でした♪

| | コメント (2)

2010年屋外育ちのデンドロビューム開花4

'10/6/6の栽培場所(屋外)気温 最低気温17℃ 最高気温27℃ 天気:晴れ

Cimg21571

Den. Red Emperor‘Prince’(レッドエンペラー‘プリンス’)が咲いてくれました。この子も去年の5/30にわが家に来た株です。

Img_23171

こちらも、わが家に来た時の画像です。前回も書きましたが。この時期にこれだけの長さの株になってるんですからプロは違いますね。ほんとこの子も良く伸びてくれて1.5倍以上のバルブの長さになりました。

Cimg21581

この花はかなり大きく咲きます。花数は少し少ないですが花経が大きいので豪快に見えます。

Cimg21591

あまり周りにくっつかないで咲いてくれたので助かりました。

Cimg21601

この花、ファレノプシスのようにペタルが丸くてオーバーラップします。

Cimg21611

リップには臙脂色の顎髭のような模様が入ります。名前は王子ですけどねぇ~。

| | コメント (4)

2010年6月 6日 (日)

2010年朝顔の植え付け

'10/6/6の栽培場所(屋外)気温 最低気温17℃ 最高気温27℃ 天気:晴れ

Cimg21711

kusaさんから頂いた小輪絞りあさがおが本葉も出て元気なので定植をしました。まずは、鉢底に日向土を敷きます。

Cimg21721

用土を少し入れて元肥を入れておき、用土をまた足します。

Cimg21731

定植する株はこんな感じです。本番が2枚出て元気に伸びそうです。

Cimg21741

鉢から抜くと、こんな感じに根がしたまで伸びてきて大きくなろうとしてます。

Cimg21751

根鉢はあまり崩さずに植え付けました。

Cimg21811

1日たった様子です。葉も元気なのでホッとしました。

Cimg21821

もう一鉢もこんな感じです。これからすくすく伸びて沢山の花が見たいです。

| | コメント (2)

2010年6月 5日 (土)

2010年屋外育ちのデンドロビューム開花3

'10/6/5の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

Cimg21311

Den. Matterhorn‘Royal Wedding’AM/AOS (マッターホーン‘ロイヤルウェディング’)です。去年の5/30にわが家に来た株です。

Img_23241

その時の画像です。やはりプロの株なので今年の新芽が、こんなに伸びてます。この後さらに伸びる伸びる、倍まではいきませんでしたがかなり伸びました。

Cimg21551

プロのパワーが残っているので沢山咲いてくれました。この花は、モコモコ感が良いです。

Cimg21211

花は、平たく開きますが花弁にはフリルが入るので全体ではモコモコ感が出るんでしょうね。そうそう、白が基調なので綿菓子の感じです。

Cimg21301_3

恒例のリップのアップです。

これ見てたらゼリーとフワフワムースの御菓子に見えてきましたぁ(あはは)

| | コメント (2)

前回アンテナ折れちゃった、リベンジ

'10/6/4の栽培場所(屋外)気温 最低気温16℃ 最高気温29℃ 天気:晴れ

Cimg21351

Rstp_dodsonii(レストレピア.ドッドソニー)が、前回アンテナが折れた不名誉を挽回しようと咲いてくれました。

Cimg21371

今回は、アンテナをヒンと伸ばして、腕もしっかり伸ばした綺麗なホヨヨン姿で咲いてくれました。

Cimg21391

今回は、画像の角度が悪いからか、おじいさん妖精には見えません。最近の気温が暑いから、どこかへ引っ越ししているかもですね(笑)

Cimg21441

横顔も、と思って画像を撮ったら蜘蛛の糸が映っちゃいました。

このオレンジ系の色~ピンクへのグラデーションに、ドットが入って本当に渋くて好きです。また良く腕を見ると綺麗なピンクの入り具合も良いです。

Cimg21411

ちなみに蕾はこんな感じで、くちばしの長い鳥のようです。

Cimg21421

さて、アンテナが今回綺麗に撮れたので載せますね。この形、指のような・・・

そう、ETの指の形に似てませんか?

指紋のようになっていて、不思議です。

このアンテナ使って宇宙人と交信してるかもしれませんね。

| | コメント (3)

2010年6月 4日 (金)

2010年屋外育ちのデンドロビュームの開花2

'10/6/3の栽培場所(屋外)気温 最低気温19℃ 最高気温29℃ 天気:晴れ、夕方雷雨

Cimg20821

今年は、Den.Moon Marmaid(デンドロビューム.ムーンマーメイド)が、そこそこの花付きで咲いてくれました♪

Cimg20831

弁先が可愛いピンクのぼかしに色が入る優しい花です。この花は咲き始めで、まだ弁先が内側に抱えるように開いてます。ほんと、ふわ~っと開いた姿は、赤ちゃんが握っていた手を開いたようで可愛いです。

Cimg20841

ちゃんと開くと、しっかり伸びたペタルに、少しウェーブがかかって愛らしいです。このウェーブ人魚姫の髪がウェーブしてる感じなんでしょうかねぇ♪ そしてリップにはまん丸な黄色いお月様が~。ネーミングも大事ですね。

Cimg21321

沢山の花の中には、ウェーブ無しのまん丸ペタルの子もいます。まん丸い方は、どことなく、あどけなく見えて可愛いです。

Cimg21331

横顔もぱちり。リップのヒラヒラも綺麗でしょ。香りはねフルーツ系の甘い香りがします。ただ早朝なので気温の上がる昼間だともっと良い香りがしてるんだと思います。

Cimg20951

ノビル系デンドロビュームのリップは、こんな感じでフワフワベッドになってます。気持ち良いですよぉ。花持ちも良くて1月以上は楽しめます。

| | コメント (2)

2010年6月 2日 (水)

2010年5月ラベンダーと朝顔と白花梅花イカリソウ

'10/6/2の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温28℃ 天気:晴れ

Cimg20761

今年もなんとかラベンダー‘羊蹄’が蕾をつけてくれました。沢山あげてはくれませんでしたが、暑い夏を乗り越えて毎年顔を見せてくれるだけで嬉しいです。

(画像がボケボケですみません)

Cimg20991

この紫色が好きです。ラベンダーは咲いてしまうと香りが薄れてしまいます。咲く直前の午前中の気温が上がり始めた頃に摘むと一番香りが濃くなるそうです。でも週末しか摘むタイミングがないので逃しちゃうんですよねぇ。

Cimg21021

こちらは、kusaさんから頂いた小輪絞りあさがおです。本葉が顔を出してくれました。丸葉なんですねぇ~。そろそろ鉢上げしてあげないといけませんね。

Cimg21041

こちらはベルママさんから頂いた小輪絞りあさがおです。こちらは蒔いたのが遅くて、まだ双葉です。でもね。置き場所が悪くて「米つきバッタ」に半分双葉を食べられて丸坊主になってしまいました。ほんと申し訳無い。鉢を動かしたら鉢底からゴソゴソと出てきて、ビックリでした。この子達は何とか置き場所変えて死守してます。

両方とも花を見ていないので、とっても楽しみなんです♪

Cimg21031

青縮緬蜻蛉葉白地筒桃台咲き朝顔です。この種を一番最初に蒔いたのですが本葉が顔を覗かせて止まってます。無事伸びて欲しいです。

Cimg21061

こちらは、ままこっちさんから頂いた白花梅花イカリソウです。とりあえずこの場所で落ち着いてくれているようでホッとしてます。このまま上手く乗り切って欲しいです。

Cimg21011

他のミニバラは全部剪定したんですが、Lovely・More(ラブリー・モア)1輪だけ遅れて咲いてくれました。今回は弁先の色が濃いめでかなり大人っぽい雰囲気でした。

| | コメント (6)

2010年6月 1日 (火)

2010年屋外育ちのデンドロビュームの開花1

'10/6/1の栽培場所(屋外)気温 最低気温18℃ 最高気温24℃ 天気:晴れ

Cimg20891

今年も屋外越冬で最初に咲き始めたのはDen.snowflake 'otome' (デンドロビューム.スノーフレーク オトメ)でした。今年は去年よりは花数が多くはなりましたが、なかなか思うようには咲いてくれません。

Cimg20901

この花は弁先に入る赤紫が綺麗なんですよねぇ。綺麗に見えるのは白がくっきりと真っ白だからなのかもしれませんね。

Cimg20911

横顔も可愛いでしょ。ペタルに切れ込みが入ってますね。パワー不足年でしょうが。屋外越冬ですから、これだけ咲いてくれただけでも十分満足です。

Cimg20921

リップの臙脂色が、少しだけ悩ましく大人っぽくて、名前通り乙女なんです♪

Cimg20971

5/24にご紹介したウチョウランの株がほぼ満開に咲いてくれてます。本当に花持ちが良くて長く楽しめる良い花です。

| | コメント (10)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »