« なんとか根が出ました。 | トップページ | 2010年秋植え球根 »

2010年10月31日 (日)

久しぶりの開花です。

'10/10/31の栽培場所(屋外)最低気温15℃ 最高気温24℃  天気:曇りのち雨

Cimg29661

Bc. Katherine H Chatham(ブラソカトレア.キャサリン エイチ チャザム)が咲きました。実は初夏に蕾が上がって咲く予定でしたが。ナメクジに食べられて飛んでしまって去年以来の開花となりました。 

 

 

Cimg29701 

2004年に我が家に迎えて、今回は2花茎6輪と我が家では、数多い開花となり嬉しいです。ただね。充分伸びきらずに咲いてしまったので重なっちゃいました。

 

 

 

Cimg29671

このまん丸リップと、細弁が可愛くて好きです。

リップの流れるようなラインのドットも綺麗です。この花は咲き進むにつれてリップの色が薄くなります。  

|

« なんとか根が出ました。 | トップページ | 2010年秋植え球根 »

コメント

TOTOROさん、お久しぶりです。
最近雨が多くて・・・rain
我が家は屋根がないため、気温も下がってきて長雨に打たれるのが心配で、いったん蘭たちを室内に入れています・・・。
考えてみればもう11月ですものね。そろそろ搬入をする時期でした~。(と言いましても数株だけですがwink

キャサリンさん、エレガントですね!
蘭の白い花弁って清潔で素敵だと思います。あと花弁の細さも魅力なのでしょうね。
実家の父は、最近長生蘭と山野草に興味があるようです。洋蘭もあるのに・・・( ̄○ ̄;)!

そうそう、なぜか、アップルグリーンさんにこの時期つぼみが出ましたよ!happy01
今年は2回目の開花ということになりますが・・不思議です。
今のところとても元気です。
この元気を保ちたいと思います(*^-^)

投稿: 菫 | 2010年11月 1日 (月) 08時03分

TOTOROさん
こんばんは~apple
ナメクジってクレマチスばかりでなくランの蕾もかじるのですか?
んん~許せませんねbearing
“ブラソカトレア.キャサリン エイチ チャザム”ですか。お花もお名前もエレガントですね。


TOTOROさんも菫さんもランをお育てになっていて凄いです!!
私はまだ苦手意識が...。
長くお付き合いしていけば何とかなるでしょうか?
TOTOROさんにアドバイスをいただいて、少しはやる気になってきました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ジョセフィーヌ | 2010年11月 1日 (月) 19時45分

菫さん、こんばんは。
来て頂いて感謝です。

雨多いですね。おまけに気温も上がらないのでランの根には辛いですから、軒がないと取り込まないといけないでしょうね。でも天気が良いと一気に気温が上がるので窓際だと危険なんですよね。この時期は本当に難しいです。

キャサリン・H・チャザム、そうなんです。白がとっても綺麗です。リップのドットは可愛くて好きです。

お父様、趣味広がってますねぇ。
長生蘭とっても優しくて綺麗ですね。
雪割草などと同じく趣味家の方が多いですし、長年、園芸種として確立されてますから奥が深いですよねぇ。
山野草も楽しいですよね。いろいろ楽しみが増えるってことは、お元気な証拠です。植物達に癒されてドンドンパワー貰えますよね。

えーーー、アップルグリーンに花芽ですか。ビックリです。
管理が良くて、秋も気温が高かったので芽が充実したんですね。ほんとしっかりとした良い管理でアップルグリーンもご機嫌だったんですね。凄い凄い!!

投稿: TOTORO-K | 2010年11月 1日 (月) 22時57分

ジョセフィーヌさん、こんばんは。

そうなんです。ナメクジ出ます。膨らみかけた柔らかく膨らんだ蕾をムシャムシャと1晩でかなり食べられちゃいます。ほんと、もう少しで開花って楽しみにしてるとことを食べられちゃうので、すんごくショックです。しかも見つからないのがねぇ・・・ほんと困ったもんです。

この花、とても白が済んでいて綺麗です。

ランはタイミングが掴めれば、自分はどのように小まめに見てあけがれない人にとっては結構楽できちゃいます。冬場は水やりは数日、乾き具合によっては1週間くらい間隔あけることもあるので楽です。
ジョセフィーヌさんも大丈夫、元気に育ちますよ。いつでも気軽に声かけてくださいね。

投稿: TOTORO-K | 2010年11月 1日 (月) 23時08分

どもです。
開花おめでとうございまーす。
かわいらしい花ですね。

それにしてもナメクジって嫌だよな~。
うちも花芽はやられなかったけど、
葉にてかてかしたナメクジの通った跡がよく残ってました。
お互いナメクジには注意しなくてはね。

投稿: こー | 2010年11月 2日 (火) 05時52分

こーさん、こんばんは。

有難うございます。
可愛い色合いです。でも花は大きめなんです。ノドサとラビアタの交配でこういうのが出るなんて凄いですよねぇ。

ナメクジ本当に困った物です。夜行性なので、なかなか捕まらないんですよ。
そうそう、葉の上を這った跡を見ると気になって仕方がないですよね。
やっぱり銅線かなぁ。

投稿: TOTORO-K | 2010年11月 2日 (火) 21時39分

こんばんは~♪
綺麗な色合いのお花ですね~。
私、こういうの好きです。
白い花びらが、とってもステキで、そこに柔らかなピンク色がとっても映えますね。
カトレア類はとっても難しそうです。
いつか、草花なども、やめて、育てるお花が少なくなったら、育てられるかしら?
集中的にいつも見ていないと出来ないようですね。

投稿: ベルママ | 2010年11月 2日 (火) 22時28分

TOTOROさん、こんばんは~。
「ノドサ」系って言うの、以前見せて頂いて、なんとなく特徴的で覚えました。
淡いグリーンとかのお花も爽やかで素敵ですが、こちらは色があって、華やかですね。
それでいて、細い花弁が柔らかいラインを描いていて、品があっていいな~と思います^^
小ぶりな蘭はにぎやかな色でも可愛いし、ちっさいおじいさんみたいな蘭もチャーミングだし、蘭って多彩なお花ですね~。

投稿: ままこっち | 2010年11月 2日 (火) 23時09分

ベルママさん、おはようございます。

有難うございます。
白い花弁にリップのピンク、可愛いとの組み合わせで自分も好きです。

>カトレア類はとっても難しそうです。

一般的には、そう見えますよね。
確かにスタンダードのカトレアは温度も充分必要だったりして手強いのもあります。
ただ、交配種の中では、低温に強いカトレア近縁種を交配して作られたものもあり比較的育てやすくなってます。旧レリア系(現在はカトレアに分類)交配もその一つです。なので名前の初めの部分が、Lc、Blc、などになっていると低温に強い可能性はありますね。ただし、これは、今までの交配の中で、どれだけに低温に強いDNAが濃く入ってるかは交配系統図を見ないと解らないですね。
また、最近は住宅も気密性、断熱性が良くなってきてるので育てやすくなってきてるようです。
自分は、真冬の最低気温が11℃ですから自分が育ててる種類に関しては寒さで枯れることは無いと思います。
是非是非チャレンジしてみてください。
コツが掴めれば水やりも毎日あげる必要もなくて手抜きが出来るので楽ですよぉ(* ̄ー ̄*)

投稿: TOTORO-K | 2010年11月 3日 (水) 10時55分

ままこっちさん、おはようございます。

ノドサ覚えていてくださって嬉しいです。
そう、少しグリーンを帯びた花はノドサそのものです。今回のキャサリン エイチ チャザムは、そのノドサに少し前にご紹介したラビアタを交配したものです。ラビアタの個体はセミアルバという白弁にリップだけに色が入るタイプが交配に使われてるのかもしれません。
ノドサ交配は、花型がノドサに似るようで、遺伝子として優勢なんでしょうね。
この花は、1代交配ですが、何代も交配を重ねていくと、また違った表情の花になるんでしょうね。

>蘭って多彩なお花ですね~。

そうなんです。蘭って色んな表情の花があって、それぞれ個性があってほんと楽しめる花です。そう、ウチョウランも蘭ですものね。
楽しいですよ。

今日は蘭の取り込みをしないと。

投稿: TOTORO-K | 2010年11月 3日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとか根が出ました。 | トップページ | 2010年秋植え球根 »