« 2011年ウチョウラン1 | トップページ | 朝顔の芽だし »

2011年6月 4日 (土)

植え替えないとダメですね。

11/6/4の栽培場所(屋外)最低気温18℃ 最高気温29℃ 天気:晴れ

Cimg37961

今年もどうにかラベンダー‘羊蹄’が咲いてくれました。年々花数も花茎の長さも短くなって来てしまってます。植え替えしないとダメですね。 

 

 

 

 

 

 

Cimg37981

それにしても我が家の暑いベランダを良く耐え抜いていてくれるなぁと、感謝しています。蕾の色も幾分淡くなってきているような・・・ 

 

 

 

 

 

Cimg37982

 

さらに拡大してみました。 紫色に締まる綿棒みたいな・・・・ う~ん、良い表現が見当たらなくてすみません。

 

 

 

Cimg38061で、自分の手元にある資料によると香りが一番強いのは、開く直前の午前中と書いてあるので、出来るだけ開花直前を狙ってカットしています。ラベンダーの香りは、フレッシュの時はとっても爽やかな、スーーーっとした香りですが、カットしてドライフラワーにして乾燥が進むと甘みのある香りに変わっていきます。こういう香りの変化を楽しめるのも、自分で育てている、特権ですね。しっかり育てばラベンダースティックを作ることも出来ますが、この長さじゃとてもとてもムリです・・・

「追記」 

以前のBLOGでラベンダースティックを掲載してましたが。今は見られないので再度掲載しちゃいます。(再度掲載しなければいけないほどじゃ無いかもですが・・・)

Img_83041

ドライフラワーにした花穂を、糸か毛糸で束ねます。

花穂の数は奇数本にします。(あとでリボンを通す時に困るので) 

 

 

Img_83051

その束ねた部分で茎を折り返します。なので乾かしすぎると、ここで折れちゃいますので、注意が必要です。 

 

 

 

Img_83061

で、この一番上の折り返し部分にリボンの先端を絡めます。そして軸を全部下に下ろして、リボンを交互に通していきます。 

 

 

 

Img_83081 

全て通していき下の方はリボンを軸に巻き付けて最後を瞬間接着剤などで止めて完成です。今回作った青いリボンの方は、やはり花穂が小さい過ぎました。紫のリボンの方は、以前実家に地植えして良く育っていたラベンダーで作った物です。(今は邪魔にされて抜かれちゃいました・・・)

ラベンダースティックはチェストなど引き出しに入れておくとハンカチなどに香りが移って使う度に癒されます。スティックは結構長く香りがしてくれます。お試しを

 

 

 

 

|

« 2011年ウチョウラン1 | トップページ | 朝顔の芽だし »

コメント

TOTOROさん

こんばんは*^^*
香りのラベンダーは
爽やかで私も大好きです。
なのだけど・・・日陰では
びよーーんと伸びて
花つきが悪く
昨年 とってしまいました。
わたぼうしが残っています。
香りが弱いのです。

6月の中旬にはこちらでも
ラベンダー摘みができます。
毎年母と子供たちとつんていたのに
ここ数年全く そんな余裕がなくなりました。
今年は 母と一緒にひさしぶりに
たくさん摘んでラベンダーの香りに包まれたいです。

TOTOROさんのベランダにも思わぬお花が
出てきたのでちょっと驚きました。
植え替えは秋ですか?
スティックができるとよかったのにね。

投稿: くさ | 2011年6月 5日 (日) 00時16分

くささん、こんにちは。

ラベンダー、良い香りですよね。
フレッシュの爽やかな香り、ドライにした時の甘さが入った香りどちらも素敵ですよね。

くささんも育てていらしたんですね。
日陰だと厳しかったかもしれませんね。
我が家の炎天下も、なかなか厳しかったようで品種によっては☆になりました。
この羊蹄は何とか耐えていてくれますが。年々先細りなので、植え替えないとダメですね。
でも植え替えって、いつが良いのか自分も解らなくて結局伸ばし伸ばししてるうちに、こんな状態になってしまいました。
植え替えは芽が動き出す前が良いようです。3月くらいですかねぇ。と言うことはこのまま来春までそのままです(あーーー)

ラベンダー摘みですか。そう言う場所のラベンダーは花穂も立派ですからラベンダースティックに良いですね。

>TOTOROさんのベランダにも思わぬお花が
>出てきたのでちょっと驚きました。

そうですよね。この蒸し暑い地域での、しかもベランダで育てようなんて思わないですよね。
でも好きなのでチャレンジしたら生き残ってくれたので。
だったら、しっかり育てないとダメですよね(あじゃぁ)

投稿: TOTORO-K | 2011年6月 5日 (日) 15時47分

ラベンダースティックですか~。
よくお友達に頂きました~いい匂いですよね。

我が家でもラベンダーはなかなかよく育ちません。
すぐに枯れこんでしまいます。
難しいですよね~暑さに強い品種ってなかなかないですよね。

お店でもよくラベンダーは売れています。
それだけ枯れているってことなんでしょうね。
ハーブも、簡単そうで結構きれいに育てるのは難しいものですよね。

投稿: あずきママ | 2011年6月 5日 (日) 22時13分

あずきママさん、こんばんは。

ラベンダースティック、良いですよね。
良い香りが、長く続いて良いです。

あずきママさんもチャレンジしてみえたんですね。
ラベンダーは元々が冷涼な気候で育つ植物ですから蒸し暑い平地では難しいですね。

ラベンダーは誰もがその香りに憧れてチャレンジしたく成るんですよね。
ただ鉢栽培ではやはり手強い植物だなぁって実感します。
だから憧れなんでしょうね~。

投稿: TOTORO-K | 2011年6月 5日 (日) 23時17分

“羊蹄” をお持ちでしたか!
ラベンダーの本が本棚にあるはずなのですが、前に積み上げた本群をどけるのが億劫で(^^;)見直しできていないのですが、たしか日本で選抜された 色が濃く姿と香りの良い、優良品種ではなかったでしょうか?
私などは最初から栽培をあきらめていましたが、生き残っているんですね!
いや失礼申し上げまして。
実生でなくても植え替えなしでも、これだけ保っていらっしゃる。ああ…。
花穂(蕾)のアップ、興味深かったです。
うちの実生ものと比べて、やはり色が濃いですし(出来るものなら色の濃いのが欲しかった…)ガクだけ枯れ落ちて蕾が目立つ姿なんですね。
今、うちの近場の園芸売場で見かけるラベンダーは品種不明ばかり、なかなか貴重なのでは。

投稿: いっこ | 2011年6月 6日 (月) 02時06分

こんにちは~。
ラベンダー、素敵な色ですね。アップで見るとぽわぽわしていますね。
うちにもラベンダーあるのです。。
随分昔に実家にあったのを挿し木したものが生き残っているのです。
たぶんラバンディンの系統??^^;
色は薄くて、とっても大きくなって、なんか昔の品種です。
スティックなんてオシャレなもの作ったことがなくて、いつも束ねてカーテンレールにつるしていました^^;
だけど何かで包んであげた方が、香りが長持ちしそうですね。(でも不器用なので難しそうだ…)

TOTOROさん、器用でいらっしゃいますよね~!
以前のコサージュ作りもすごいと思いました。

投稿: ままこっち | 2011年6月 6日 (月) 14時04分

ラベンダー、開花しだしてるんですね。
こちらは来月くらいからですよ~。
私もラベンダーを持ってるんですが、
結構大株になってたのが
突然、ほとんど枯れたんですよ~。
なんでかなぁ。
ちょっとショックっす。

投稿: こー | 2011年6月 6日 (月) 23時41分

いっこさん、こんばんは。

はい、一応、‘羊蹄’の札が付いた株を購入しました。でもね、そんなに凄い株とは思わないまま買ってます。
ラベルのうたい文句に暑さに強いとあったのが決め手に・・・
確かに我が家の真夏は30℃を楽に越えます。そんな中、妻が干すバスタオルの日陰が唯一のよりどころ程度の状態でもなんとか生き抜いていてくれてます。
いっこさんのコメント読んだら、手抜いたらまずいなぁって思っちゃいました。

今回自分も気になって、ネットを見回ってみました。
気になる記事があったのですが。これに関しては、真贋を見極められないので、ラベルを信用するしかないです。
ただその時のラベル探したんですが・・・有ればメーカーが解ったんですが・・・

この花色は濃いタイプで香りに関して言えば、以前自分が実家に地植えしたラベンダーの方が香りが強かったです。
ちゃんと育てきれてないので、本来の姿では無いのかもしれませんけどね。

そう、こちらの園芸店のラベンダー、個体名が表記されているのは少ないかもですね。
‘羊蹄’に出会えたのは運が良かったのかもしれません。大事にせねば!!!

投稿: TOTORO-K | 2011年6月 7日 (火) 00時21分

ままこっちさん、こんばんは。

有難うございます。
この花色、自分も気に入ってます。
なかなか濃い色のタイプは少ないですよね。

ラバンディン、お持ちなんですね。
調べてみたら、香りの強い大きくなるタイプのようですね。
ラベンダースティックにピッタリですよ。
ただ、少し根気がいりますね。特に最初は(あはは)でも、一つ作るとコツが解るので、楽しくなると思いますよ。

>何かで包んであげた方が、香りが長持ちしそうですね.

包んであげたほうが埃も付かないし、パラパラとこぼれないので良いと思いますよ。
今回、自分も花が小さいので、スティックはとてもムリです。なので、100均のお茶パックの一番小さい不織布に花穂と葉だけにして入れました。あれならこぼれないし香りは通るので、引き出しに入れておきました。
ままこっちさん、お試しを。
(ドライにしてからね)

投稿: TOTORO-K | 2011年6月 7日 (火) 00時31分

こーさん、こんばんは。

そちらだともう少し後なんですね。
そちらは有名ですものね。良いですね。
今年も行かれるのかなぁ。楽しみですね。

>結構大株になってたのが
>突然、ほとんど枯れたんですよ~。

ありゃ、ショックですね。
去年の夏の暑さが尋常じゃ無かったので、暑さ負けしたんでしょうか??
大株にすると見事だったんでしょうね。
ほんと残念ですね。

投稿: TOTORO-K | 2011年6月 7日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年ウチョウラン1 | トップページ | 朝顔の芽だし »