« 冬の開花 | トップページ | やられちゃいました。 »

2012年12月 5日 (水)

久々です。

2012/12/5の栽培場所(屋内)最低気温15℃ 最高気温24℃ 天気:曇り

菫さんが猫さんの話題でしたので、久しぶりに、パトラ登場です♪
パトラは、家族の傍が大好きで、家族が集まる部屋で、TVを見ながら笑ってたりしても平気で寝ています。
このブランケットと毛布は、この時期の彼女のお気に入りです。

Cimg61211
猫の寝顔見てると、こちらまで眠気が移ってきて眠くなっちゃいます。
実はパトラは10月下旬 4.5Mほど下に飛び降りてしまい。右前肢の指の部分の4本を骨折しちゃいました。浴室の窓から外を見るのが好きで、型ガラスなので顔半分の幅を開けて外が見られるように開けてました。しばらく楽しんで戻ってくるだろうと思って一人にしたのがいけませんでした。パトラが居ないことに気づき部屋中探しても居ないので、もしやと外を探したらアパートの1階の隅の方で蹲っていたので、すぐ連れてきてお昼12:00でしたが獣医さんに無理を言って見て頂きました。4本骨折でした。指の骨は細くて固定が難しいとのことでした。炎症止めと痛み止めの注射をして貰いました。先生曰く、自然治癒で疑似関節が出来て使えるようになると思うとの見解でした。右前肢浮かした状態で歩いてました。食事も床近くのトレイは大変だろうと思い、介護して手で支えて上げて食べさせてました。手のひらからもあげてました。水鉢も持ち上げて高くして前肢に負担がかからないようにして上げてました。1ヶ月後レントゲンで確認したら、かなり状態は良く成ってました。
今は時折前肢を浮かしてますが、爪研ぎもしてます。でもまだ完全じゃ無いので、こちらはヒヤヒヤしてますけどね。

Cimg61221
でも今回のことは、自分達の不注意でした。立て付けの悪い重いサッシで、もう何年も開けることなんてしたことが無かったので油断してました。申し訳無いことをしたと思いました。
先生曰く手術していないので回復は早いと仰ってました。
実際、棚に飛び乗るは、飛び降りるは、遊ぼって催促してくるし・・・
流石に飛び降りる時は痛がっていたことがありましたが。今は平気になって来てます。流石に飛び回るような遊びは、こちらが心配で、今はやめてます。年明けくらいかなぁって思っています。気をつけてあげないといけないと感じてます。

Cimg61241

|

« 冬の開花 | トップページ | やられちゃいました。 »

コメント

こんばんは。
TOTOROさん、パトラちゃんを載せてくださってありがとうございます(≧∇≦)
最近、皆さんの猫ちゃん(あるいはワンちゃんも)の記事もよく拝見するようになりましたよ。
今までの花友さんでも、けっこういらっしゃるんですよね。。。

古くからのあるブロ友さんの猫ちゃんは、20年いっしょに暮したのに、3か月前にその猫ちゃんが亡くなってとっても悲しいそうです。。。思わず涙が出ちゃいました。
ご主人が亡くなられたあとは猫ちゃんと二人暮らしになったそうで、いろいろ心の支えになってくれていたそうです。
お気持ちがわかりますよね・・・。

ところでパトラちゃん、痛そうでしたね~
(;ω;)ずいぶん高いところから飛び降りましたね!4.5メートルはね。。。
お部屋の中にいないとわかったとき、どこへ行ったかとはらはらしましたでしょう?

猫ちゃんって、じっと窓の外を見てるってよくあるらしいですね?好奇心があって見るのだそうですね。

でも、すぐに獣医さんに診ていただけでよかったよかった。。。!
思いがけないことってやっぱりあるのでしょうね?そういう点では、人間の赤ちゃんを育てるのと同じですね~。

たまたま聞いたのですが、ポトスとかアイビーとかは食べちゃうと毒だそうですね・・・
我が家にそれらはないのですが、パキラと、あと名前は忘れましたが大きな観葉植物があるのですよ。。。(とがった葉で、幹が丸太みたいにまっすぐ伸びるものです)
こういうものはどうかしらと思ってしまいました。
部屋の中もゴチャゴチャしてるので、細かいものも少しずつ整理しようと思っています。

長々書いてごめんなさいね(^-^;
だんだん皆さんとも、ブログでそういう話題も増えるかな~と思っています。
また世界が広がっていく予感がしますよ。

パトラちゃんは自然治癒を待つ感じでしょうか。。。まだ痛そうでかわいそうですが、どうぞおだいじに。。。

投稿: | 2012年12月 6日 (木) 18時47分

TOTOROさん
ご無沙汰していました。

バトラちゃん 大変なことになっておられたのですね。・゚・(ノД`)・゚・。
よく手術なしで 固定だけで回復したんですか? きっとバトラちゃんも ダイブしてびっくりしたでしょうね。
外の世界はこんなんだったんだあって~
もう二度としないかもですね。

それにしても大分普通に動けるようになって
TOTOROさんも 一安心されたでしょう。
人間も犬やネコもみんな一緒に暮らしていれば 区別ないものね。だけどしゃべれないだけに 可哀相だね。

私は かわいそうだから飼えないです。(´;ω;`)ウゥゥ。。菫さんも これからがんばって~~

投稿: くさ | 2012年12月 6日 (木) 21時22分

菫さん、こんばんは。

猫も犬も皆さん家族の一員ですね。
一緒に家族の傍にいて、同じ時間を共有して家族みんなで笑って泣いたりして・・・
ただ、時間は限られていて、断然短くて、でもとっても良い時間をたくさん貰えている気がします。

外を見るのは大好きですね。夏などは網戸にしておくと、ずーーーっと見てて、遠くに居る小さな鳥を見て、威嚇したりしてるんですよ。こちらかすると、そこ!!!って思うんですが、彼女は真剣なんです。そのギャップというか位置関係が面白いです。そんな楽しい出来事が沢山体験できて面白いです。
ただ好奇心が強いので、色んな事をしでかしてくれるので気をつけてあげないといけなかったりしますけどね。

猫にとって危険な植物はたくさんありますね。
思いもかけない物もありますね。
ネットで見ると多すぎてビックリします。
体が小さいので少量でも致死量だったりします。
あと、危険なのが人間が食べる食事やおやつです。これはあげてはいけません。猫にとって塩分や糖分など多すぎます。
一度あげると味を覚えてて、ねだります。
気をつけましょう。

昔の諺にあるように、「猫を追うより皿を引け」です。

折れたところの骨が細いのでどうしようも無いのが実情でした。
でもかなり順調に回復してきていてホッとしてます。
ただ介護癖が付いてしまって、ねだられます(あはは)

投稿: TOTORO-K | 2012年12月 6日 (木) 23時28分

くささん、こんばんは。

どうして飛んでしまったのかわかりませんが。気になった物があったんだと思います。
折れた場所は、人でいうと、手のひらと指の間くらいでしょうか。4本すべて折れて横へずれました。この骨は細くて、なにか心棒をいれて骨を固定することも出来ず、固めることは、猫の場合気にしてボロボロにしちゃうのでこれも無理。結局自然治癒という結論に。ただ炎症を抑えることはしました。

> 外の世界はこんなんだったんだあって~
> もう二度としないかもですね。

驚いていたようですが。今は怪しいです。
懲りずに覗きたい見たいですが。こちらが懲りてますので、窓を開けません。

かなり回復して来てはいるので、時間が経てば元気になってくれると思います。
そう、しゃべれないので、こちらが気づいて
あげないと大変なことになることもあるので気をつけたいです。

投稿: TOTORO-K | 2012年12月 6日 (木) 23時46分

こんばんは~。
パトラちゃん、災難でしたね。
色々猫もやらかすので注意が必要ですよね。
うちでは骨折した猫は今までいないのですが、最近では高齢化が進んで獣医さん通いは頻繁です。

植物も注意が必要ですよね…うちでは家の中には全く植物が無いのですよ…あ、プラケースに入れた多肉はありますが…多肉にも毒性のあるものもあるんでしょうが、ハオルチアなら今サラダで食べてるくらいだから大丈夫でしょうかね…。

今、地震があったのですが、猫が固まっています。
震災があったら我が家の猫たちはどうしましょう…それが目下の悩みですね…。

投稿: あずきママ | 2012年12月 7日 (金) 17時32分

TOTOROさん
こんばんは。
パトラちゃん大変だったのですね。
痛かったでしょうね。

獣医さん、きっとTOTOROさんの情熱が伝わったのですね。みていただけて良かったです。
細い骨ですものね。固定するのも大変だったのではないでしょうか?

幸せそうな寝顔ですね。
大切にされているからご家族のそばがいいのでしょう。
お大事になさってくださいね。

投稿: ジョセフィーヌ | 2012年12月 7日 (金) 21時00分

あずきママさん、おはようございます。

はい、目を離していたのがいけませんでした。
今まで大丈夫だったので過信してました。
そうか、あずきママさんの所は高齢猫さんがなってきてるんですね。高齢だといろいろ気をつけないといけないことが出てきますよね。お大事にしてください。

そう、植物って毒性のある物沢山ありますね。これもなの?って思うような物まであってビックリします。
室内に置かないのが一番ですね。我が家の場合は冬蘭でいっぱいなので、パトラが囓ることがあるので、その範囲だけは薬剤のかかってない物を置いてます。棚は登れないようにブロックしてあるので今は乗らなくなったので蘭の花や新芽が折られることは無くなりました。ただ先日低い所で咲いた花が囓られてしまいました。これもしかたないです(あはは)

かなり大きく揺れたようですね。
これだけの余震がまだ続くなんて・・・
収まって欲しいですね。
震災時の猫ちゃんの避難どうしたら良いのか自分も悩みます。

投稿: TOTORO-K | 2012年12月 8日 (土) 10時09分

ジョセフィーヌさん、おはようございます。

見過ごしたのがいけませんでした。反省です。
パトラは痛かったと思います。4本折れて横にずれてしまっていたので・・・
でも幸いに腕では無かったので固定することも無くすんで良かったです。
行きつけの獣医さんも、親切な方でご自宅で猫や犬を何匹も飼ってらして、いつも大変御世話になって有り難いです。庶民派の先生でいつも感謝しています。

こういう寝顔を見てるとこちらまでホンワカしてきます。
家族の傍で離れずに居る可愛い子で、こちらが癒されてます。

投稿: TOTORO-K | 2012年12月 8日 (土) 10時18分

パトラちゃん、大災難でしたねぇ~~
でも、だいぶ良くなって良かったです。
ネコも飛び降り失敗することあるんですね。
私もクロの姿が見えない時、2階のベランダから落っこちたのではないかと、家の周りを探したことがあります。
で、手術をしていない方が、早く治るのですか?
皮膚を切っ足りしない方が直りが良いということなんですね~~
ホント、寝顔癒されます!

投稿: 翠香 | 2012年12月 8日 (土) 17時07分

翠香さん、こんばんは。

パトラかなり良く成ってきました。有難うございます。
2階の浴室の窓から飛び降りてしまったので、流石にこの高さは厳しかったようです。またこの下は、ツツジの枯れた木があって、この木に体が刺さってしまったらと思うと怖かったです。獣医さんでも内蔵は問題ないと思われますって言ってくださってホッとしました。

今回切開手術をしていないので細胞が傷ついてないから回復が早いようです。
猫は骨折しても骨同士を繋げてしまうようです。
また疑似関節も作ってしまうんだそうです。
自然の仕組みって凄いです。

猫の寝顔は癒されますよねぇ。


投稿: TOTORO-K | 2012年12月 8日 (土) 21時26分

こんばんは~♪
もう読んでいてドキドキしました。
パトラちゃん可哀想・・・
なんとか良くなってきているのでホッとっしましたが、目は離せないですね。
早く元気に元どうりになるといいですね。

投稿: ベルママ | 2012年12月 9日 (日) 22時28分

ベルママさん、こんばんは。

居なくなった時は、慌てました。猫の場合遠きには行かないと思いましたが。狭いところへこぞんでしまわれると、見つけるのが困難になってしまいました。今回は自転車置き場の自転車が並ぶ奥でじっとしていてくれて助かりました。
レントゲンで確認して状況も良く成ってきているので、ホッとしています。
猫はね、想像以上のことをしますから、気をつけないといけません。
先代のきららもベランダの縦格子手摺の向こう側(外側)へ、すり抜けて歩いてました。
この時もドキドキでした。なんとか無事戻ってくれたので助かりました。それ以降ベランダ禁止になりました。

> 早く元気に元どうりになるといいですね。

有難うございます。
本人は、遊びたがってますが。まだ完全じゃ無いので、我慢して貰ってます。

投稿: TOTORO-K | 2012年12月 9日 (日) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の開花 | トップページ | やられちゃいました。 »