« これからが楽しみ | トップページ | 久しぶりの蘭なんだけど・・・ »

2013年9月 7日 (土)

parasite (寄生植物)

2013/9/7の栽培場所(屋外)最低気温23℃ 最高気温29℃ 曇りのち雨

去年辺りから、もう一度育てて見たいと思い出したナンバンギセルに今日出会うことが出来ました。
少し前から園芸店の方に、入荷するのか聞いてたんです。今年も入荷するよって言われたので、もうそろそろかな?って覗いたら見付けられなくて、店内グルグル回って諦めかけた頃、1株だけ置かれているのを発見!! 即ゲットしてきました。

Cimg70081
初めて育てたのが30数年前です。山野草の本に紹介されていて、園芸店の山野草コーナーで見付けて喜んでたのを思い出します。数年種まきしながら育ててましたがススキを枯らしてしまって一緒に消えました。寄生植物なので仕方ないです。
その後、園芸全く止めてしまって結婚後園芸を再開、最初に再開したのが蘭だったので蘭を中心に、その後草花も・・・で、久しぶりにまた育ててみたくて。

Cimg70091

これが花です。開くはずなんですけどねぇ。全体の形が煙管に似てるので南蛮煙管って名前なんです。

Cimg70101
でもね、この部分だけ見てると、馬の顔に見えて来ちゃいました(あはは)
とっても優しい顔に見えてニンマリしちゃいました。苞の部分が鬣に見えたり、ユニコーンの角にも見えたりして可愛く見えます。

Cimg70121
早速、植え替えました。種を取って毎年ススキの根元に蒔いて毎年見ることが出来るように頑張ります。

Cimg70161

|

« これからが楽しみ | トップページ | 久しぶりの蘭なんだけど・・・ »

コメント

こんばんは*^^*

寄生植物ですか~ ずっと前に育てておられたものをまた育てられるのは嬉しいでしょうねっ^^ 良かったですね。
ススキがなくなると枯れてしまうのですね。
結婚前から園芸がお好きだったのですね^^
ほんと馬の顔に見えます。
また来年も育てられますように・・・(祈)

投稿: オーリー | 2013年9月 8日 (日) 19時48分

オーリーさん、こんばんは。

はい、もうもうかなり昔です。
山野草の本に掲載されていて出会うことが出来て育ててました。
今回久しぶりに育てて見たくなって探してたらまた出会うことが出来ました。出回るのは、この時期だけなので、これを逃すとなかなか出会えなくなってしまうんです。今回は無事に出会えて良かったです。
ナンバンギセルは、寄生植物なので親の植物が枯れると一緒に枯れてしまいます。

> 結婚前から園芸がお好きだったのですね^^

はい、小学生頃から大好きでした。みんなからは不思議ちゃんに思われてましたけどね(あはは)

> ほんと馬の顔に見えます。

でしょでしょ。結構、可愛い顔に見えます。

はい、種を取って来年も頑張ります!!

投稿: TOTORO-K | 2013年9月 8日 (日) 20時18分

こんばんは~♪
ナンバンギセルですか・・・
たしかに馬のお顔にそっくりですね。
愛嬌がありますね。

小学生の頃から、植物がお好きだったんですか?
不思議ちゃんって呼ばれていたなんて、だから、何でもお詳しいのですね。
植物博士ですね。

投稿: ベルママ | 2013年9月 8日 (日) 21時07分

ベルママさん、こんばんは。

はい、ナンバンギセルお連れしちゃいました。
アップで見ると馬の顔に見えますよね。
可愛い感じがして好きです。

はい、子供頃の実家は広めの庭があって色んな植物が植えられてました。そんな環境なので自分も色々植えてるうちに好きになっていきました。

> 不思議ちゃんって呼ばれていたなんて

いやいや、呼ばれてはいないですが。変わってる子って思われてましたね。でもみんなで色々イタズラもしたりして遊んでましたけどねぇ~。

投稿: TOTORO-K | 2013年9月 8日 (日) 21時23分

こんばんは。
これはマニアックな植物ですね~^^
こういうのも楽しいですよね。
TOTOROさんは食虫植物みたいのはお好きですか?あれもちょっと変わっていますよね。

子供の頃の様子。。。私も少し共通点があります。
女の子らしくリカちゃん人形なども遊びましたが、どちらかと言うと、何かの幼虫育てたり、川に入って生き物捕ったりして遊んでいたのです・・・けっこう野性児でした( ̄ー+ ̄)
父が園芸好きなので、そばで父がお花の手入れをするのをいろいろ見ているのが大好き。
あと、動物もいろいろいたので餌をあげたり・・・そんな田舎暮らしだったのです。
動物は、犬、猫、あひる、小鳥、熱帯魚、錦鯉。そのときによって熱中するのが父の癖(笑)たとえば熱帯魚ならそのときいろいろな種類に凝って、繁殖まで。。。
父は、お花は、蘭、さつき、その他もろもろ。
でも、華やかな草花(ペチュニアなど)をワ~ッと咲かせるタイプではなくて・・・そこが私も似たようです。

わたしのいとこは、ほんとに女の子らしい子でおしゃれで大人っぽかったので、当時よく比べられましたよ。

あっ。。でも、私も野性的でない日がありました。。。(* ̄ー ̄*)
毎週土曜日がお習字の日で、母がつきっきりなのです。その日だけ野性的は封印でしたね(笑)
そんな感じで、やっぱり変わった女の子ですね。

子供の頃の環境とか体験って大きな影響あるような気がしますね^^

投稿: 菫 | 2013年9月11日 (水) 22時43分

菫さん、こんばんは。

ふふふ、ちょっと変わった植物です。販売されている時期が短いと思いますので、出会えるのは限られてるかも?
食虫植物も好きです。サラセニアはバルブ?葉?の模様や色がバラエティーに富んで面白いです。ウツボカズラの形もユニークですよね。等々見てて楽しいですね。

菫さんも、小さい頃、自然豊かな環境で育たれたんですね。
自分も自然の中で色々遊んでました。長良川はすぐ目の前で、タモを持って良く出かけました。水嵩が増して、その後引いたときに出来る水たまりに取り残された魚や海老など捕って遊んでました。ヤゴなども良く連れ帰ったりしてました。
菫さんの場合は、お父様が植物お好きだったんですね。自分の場合は母が大好きで植物がいっぱいでした。
小さい頃の環境って、人格形成には大きな影響を受けているのかもと感じますね。

菫さん、土曜日は習字の時間で頑張ってたんですね。
実は自分も土曜日は近くの教室に通って習字を習っていました。中三まで通ったかな。
その後、墨彩画などを習ったりして書道とはそれっきりになっちゃいました。
その時は、あまり思わなかったですが。今は、こういう時間を持てたのは良かったと、親に感謝しています。

投稿: TOTORO-K | 2013年9月12日 (木) 22時50分

おはようございます!

これ、これ~~!!
本なのかネットでか忘れましたが、一度見た事があって凄く気になっていました。
これも蘭なんですね!?
綺麗なお花の咲く蘭も勿論大好きですが
どちらかというと、こうした物に凄く興味があります。^^
あ~~やはりあまり売ってないんですか。
TOTORO-Kさんは、30年も前から知っていたなんてサスガだわ~
ナンバンギセル、ナンバンギセル・・・何度もつぶやいてしまいました。
いつか何処かで出逢えたらいいな~~^^

投稿: minami | 2013年9月19日 (木) 08時43分

minamiさん、こんばんは。

本などで見られたことがありましたか。
面白い植物ですよね。

> これも蘭なんですね!?

う~ん、残念ながら、この花は蘭では有りません。これはハマウツボ科ナンバンギセル属のナンバンギセルです。ススキやカヤツリグサなどイネ科の植物の根に寄生して花のみ咲かせる植物で1年草です。なので毎年種を取って根に定着させないといけません。

蘭だと寄生する蘭は見当たりませんでしたが。光合成をするための葉を持たず根の中に蘭菌が共存していてこの菌が周りの物を分解して栄養分に変えて花を咲かせる蘭があります。その仲間を腐生蘭と言います。変わった花が多いです。地面にいきなり花だけが生えてるとビックリです。こういうタイプには未だ出会ったことはありませんが、気になる蘭ではあります。

> 綺麗なお花の咲く蘭も勿論大好きですが
> どちらかというと、こうした物に凄く興味があります。^^

蘭は幅広くて華やかなタイプから地味に目立たないタイプまで色々です。
日本で自生している蘭達は、どちらかといえば控えめなタイプが多いです。
春蘭、寒蘭、ウチョウラン、エビネ、フウラン、セッコク、サギソウ等メジャー所でも控えめです。
地味系でいけば、シュスラン良いですね。葉に艶があるタイプがあって花は控えめです。地生蘭なので場合によっては地植えも可能です。大型だとクマガイソウは見応えがあります。これを庭で群生させてる方が見えたりします。
可愛いところだとネジバナは、良く芝生などにスクッと顔を出していて可愛いです。

ナンバンギセルは、花期が短いので販売も短いように思います。チャンスがあれば、是非ゲットしてみてください♪

投稿: TOTORO-K | 2013年9月19日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これからが楽しみ | トップページ | 久しぶりの蘭なんだけど・・・ »