« こちらも咲き進ん出来たので再度 | トップページ | 秋の花達 »

2015年10月12日 (月)

我が家でも咲きました。

2015/10/12栽培場所(屋外)最低気温14℃ 最高気温25℃ 晴れたり曇ったり

2012年に花友さんから頂いた種を蒔いた株、C.cyprium(シプリアム) 実生に初花が咲いてくれました。

Cimg95071

白い花弁は綺麗な曲線を描いて上に登っていき90度以上捻れます。
そして先日、原種シクラメンの先輩に教えて頂いて解ったんですが、シプリアムは花弁の折れ曲がる口元から内側の筒部分が、他の原種シクラメンより長いのが解りました。
この花弁の隙間からも長いのが解ります。種によって特徴があって面白いです。

Cimg95081
この白い花弁に口元にほんのりと差すピンクがとても可愛いです。

Cimg95091
口元の顎はしっかりしていて白く目立ちます。

Cimg95101
口元のアップです。花弁の顎の両端を結ぶとUの字の形をしています。

Cimg95111
上からも、綺麗な曲線を描いて、この花も風車のように綺麗に廻りそうです。

Cimg95121

|

« こちらも咲き進ん出来たので再度 | トップページ | 秋の花達 »

コメント

こんばんは~♪
いやぁ~凄いですね~。
私、いつも思うのですが、TOTOTOR-Kさん、お花に対する愛情のかけ方が違うな~とと。
シプリアムの美しさ、素晴らしいですよね。
白地にピンクの口元が可愛いですね。

私ももっとしっかり育てなくっちゃいけないですね。
見ていて思うのですが、お花の表情を表すのもこれもまた違うんですよね。
きっと心が優しいからなんでしょうね。
私って、ホントに自分でもあきれかえっちゃうんです。
なんでも手を出しては、放り出して、しばらくして、そういえばあれも、これもと反省するのですが、懲りないんです。

投稿: ベルママ | 2015年10月12日 (月) 21時34分

ベルママさん、こんばんは。

有り難うございます。
う~ん、たぶん今は原種シクラメンがマイブームなんだと思います。なので少しだけ力が入ってるからじゃないかなぁ。昔はクレマチスでしたが。今は数株を残すのみです。歳と共に、気力がねぇ・・・(トホホ)
自分からすると、ベルママさんの、あの種類の多い花達を次々と咲かせてらっしゃるのには感心と言うより尊敬します。本当に素晴らしいです。しかも場所工夫しながらですものねぇ。

シプリアム、初花が咲いてくれました。
ほんと可愛らしい花で出会えて良かったです。

投稿: TOTORO-K | 2015年10月12日 (月) 22時00分

こんばんは。

シプリアムは私も大好きなシクラメンです。
口元のローズ色と、白との対比が素敵なんですよね。。。あと葉っぱの大理石模様。
もっと増やしたいなと思っています。

原シクは、ベランダ向きのお花ですよね。。。小型で場所も取りませんし、水やりも草花ほど緊急性がないので助かりますし。
そういう面では蘭と似ていますね。

もっとも、小型と言っても増やしすぎるとなかなか大変ですが(笑)

投稿: 菫 | 2015年10月16日 (金) 18時03分

菫さん、こんばんは。

菫さんに2012年に頂いた種の子の初花が咲いてくれました♪
この花可愛いですよね。仰るように白い花弁に口元に入るピンクが可愛すぎです。
そう葉っぱ個性的でしたね。この後出て来るのが楽しみです。

2013年に頂いた方も、たしかちらっと芽が出て来てたような気がします。
有り難うございます。

種蒔きって楽しいですよね。
でも油断してると仰るように置き場所がねぇ。
お互い気をつけないといけませんね(あはは)

投稿: TOTORO-K | 2015年10月16日 (金) 21時39分

・・・そうだったんですね!

すみません自分で忘れていました。ありがとうございます、咲かせてくださりこちらまで感激しますよ。

いつも見事に育てられてすばらしいですね・・・。
向こうのお返事にも書かせていただきましたが、種からの栽培がお上手ですよね。成功率が高いので。。。
重複しますが、わたしは種からの栽培が下手なのでこつを知りたいですよ。
芽がある程度出ても、その後がどうも。。。

親株と比べて水やりはいかがですか?

投稿: 菫 | 2015年10月17日 (土) 00時19分

菫さん、おはようございます。

はい、菫さんから2012年に頂いた種の子です。2013年に頂いた種の子はまだ葉だけです。来年あたりは咲いて欲しいかなぁって思っています。
実生は、親株と同じに出てくれるかどうか解らないのが困りものですが。でも確実にその遺伝子は持っていて親株と違うタイプが出たりするのが面白かったりします。これが実生の楽しみでもありますね。
そして実生からだと、その環境で芽が出るって事は、その環境に順応しやすい可能性もあって普通育てにくい物も意外に育てられたりするのも魅力ですね。
こうやって種を頂けるのは有り難いです。

種蒔きについてですが。自分も最初は発芽率がかなり低かったです。頂いた種をそのまま蒔いてしまったり、水に一晩浸けてから蒔いても発芽率が上がらない状態でした。
種蒔きした鉢になんとか芽が出てくれないかなぁと動きが無い鉢に乾いたら水やりをするを繰り返していたら翌年芽が出たりする株がありました。この現象は、クレマチスでも経験していたので発芽しにくいんだと思っていました。
また、我が家で取れた種は取り蒔きにしていたら比較的順調に発芽しました。(日数はある程度かかりますけどね)
それらのことから、種なので休眠してるんだから、休眠から覚ます条件があるんじゃないかと思ってんです。
取り蒔きの種は発芽率が良くて、頂いた種は発芽率が今ひとつ、翌年発芽する株がある等を考えてたら、頂いた種を、蒔く一週間ほど前に冷蔵庫に入れてから蒔いたらどうかと思ったんです。1度冬を疑似体験させてから蒔くんです。
その後は通常のように1晩水に浸してからしっかり覆土して陽が当たらない軒下で管理してます。
水やりですが、種蒔き後は乾きすぎないように、でも表土が乾いたら水をやるようにしています。発芽後すぐは乾くと萎れてしまうので少し小まめに水やりしてます。後は通常の管理です。
鉢は駄温の平鉢を使っています。平鉢にするのは用土が多いと乾きにくいし、芽が出た頃はあまり水を沢山吸えないので乾きも悪いと思い用土が少なくて済む平鉢にしています。
また駄温鉢にすることで鉢の表面からも水分が蒸散してくれるので古い水がいつまでも残ることが無く適度に乾いてくれると思います。
また駄温鉢の表面から水分が蒸散する際に気化熱により鉢自体を冷やす効果もあるように思います。実際夏場にこの鉢を持つとヒンヤリしてました。
この効果は素焼き鉢でも可能ですが、今度は乾きすぎるので、自分の管理では水やりが追いつきません。なので駄温鉢にしています。
用土は、腐葉土のような土の中で分解されるようなものな入れないようにしています。
ただ水持ちを少し良くするためにバーミキュライトを少しですが混ぜています。バーミキュライトは元は蛭石を高温で焼いた物なので腐敗しなくて具合が良いです。
そして成長してからは肥料があると良いと思いマグァンプを入れています。
置き場所は明るい日陰で管理しています。1年目は兎に角発芽した芽を維持するのが重要なので陽に当てて干からびるより、モヤシ状態でも良いので生きてることを重視しています。

こんな感じかなぁ。参考になれば幸いです。

投稿: TOTORO-K | 2015年10月17日 (土) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こちらも咲き進ん出来たので再度 | トップページ | 秋の花達 »