« 2016年初夏のバラ2 | トップページ | 頂き物ですが »

2016年5月24日 (火)

爽やかに

2016/5/24の栽培場所(屋内)最低気温20℃ 最高気温30℃ 晴れ
ここ数日暑かったです。昨日は我が家のベランダ軒下で32℃を記録今年最高気温です。
この夏の気温が怖いです。

C.purpurata schusteriana×cindarosa(カトレア.パープラタ シャステリアナ×シンダロサ)が、咲いてくれました。
この花が咲くと夏!!って感じがします。

Cimg16841

年に一回この時期にだけ出会える子です。毎年咲いて貰えるようには出来てませんが、出来る限り頑張りたい花です。

Cimg16861
この蒸し暑い時期にとっても爽やかに咲いてくれて、気持ちが安らぎます。

Cimg16871
今年は1花茎3輪と、我が家では最高の出来でした♪
白い花弁に赤紫のリップに糸ピコが入って印象的なんです。

Cimg16881
リップのアップです。この赤を見てるとドキッとしちゃいます。

Cimg16891
リップの喉の奥へは細いラインが綺麗に列んで芸術的なんですよねぇ。
ただ、一つ残念なのは花持ちが良くなくて2週間持てば上出来かなぁ。暑い時期だから仕方ないですけどねぇ。

Cimg16901

|

« 2016年初夏のバラ2 | トップページ | 頂き物ですが »

コメント

夏咲きなんですね~素敵ですね。
TOTOROさんは、こういうお花を咲かせるのがほんとにお上手ですね!
私は、何度かお話ししたように、どうしてもこういう太いバルブのタイプのお花にはカイガラムシの被害に合わせちゃうので。。。
お薬もたまにスプレーするようにしましたが、それでもまた繰り返し出ちゃいます。。。足りないのかもですね。。。
冬は、室内乾燥しちゃうからかもしれません。

白い花びらが涼しげで、リップとの対比が美しいですね。

投稿: 菫 | 2016年5月27日 (金) 18時09分

菫さん、おはようです。

はい、夏咲きのカトレア(旧レリア)です。
暑い中、白花弁が爽やかに感じます。
ただやはり暑い時期なので花持ちが良くないんですよねぇ。2週間くらい過ぎると花が痛み出します。仕方ないですけどね。

カイガラムシ、厄介ですよね。
歯ブラシなどで落としてから薬剤散布して、退治するまでは、こまめにやらないと駄目みたいです。丁寧な方は耐性が出来てしまうので2種類準備してらっしゃる方もいらっしゃいます。
我が家は、今は落ち着いて来ています。
ほんと悩まされますね。

投稿: TOTORO-K | 2016年5月28日 (土) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年初夏のバラ2 | トップページ | 頂き物ですが »