« ウチョウラン2016.№1 | トップページ | 懲りずにまたチャレンジです。 »

2016年6月22日 (水)

ありがとう

2016/6/22の栽培場所(屋外)最低気温22℃ 最高気温26℃ 曇りのち雨

6月20日(月)13:00少し前、パトラが息をひきとりました。10歳5ヶ月でした。

3287354_2217465063_243large
CTで確認したところ気道の入口の気道側に腫瘍が出来てしました。かなり大きくはありましたが、これから頑張ろうとしてた矢先でした。突然で悲しいです。

本当に人懐っこい子で、家族の傍が大好きで、家族みんなの膝に乗りました。くっついて寝るのも良くしてました。
ご飯も甘えん坊で手から食べるのが好きで美味しそうに食べてました。コームで梳かすことが嫌いで毎年夏は、サマーカットでしたが、今年は毎朝梳かせてくれたら、ご褒美ご飯を手から上げて、ある程度保ててたので、今年はサマーカット止めようね頑張ってたんですけど・・・

上の画像は、パトラがお気に入りの場所を息子が先に横になってたら、無理矢理割り込んでくっついてました。

6月21(火)朝からかなりの雨が降ってましたが。荼毘に付す午後には晴れて、綺麗な空に旅立っていったと妻から聞きました。

今は虹の橋を渡って元気になって先代のきららや先輩達と駆け回っているのかなぁって思っています。

こちらで、時々ですが、パトラをご紹介して、皆さんに可愛がって頂き、大変感謝しています。
有り難うございました。

|

« ウチョウラン2016.№1 | トップページ | 懲りずにまたチャレンジです。 »

コメント

こんにちは。

突然のことでびっくりしています。

最近ブログの更新が少ないようでしたので、お忙しいのか、どなたかのご体調が悪いのかな・・・など思っていました。
でも、まさかパトラちゃんとは思いませんでした・・・。

パトラちゃん、この前まで元気な姿を見せてくれていたのにね。。。とても悲しいです。
TOTOROさんや奥様、息子さんのお気持ちを考えると、もう、何も言葉が浮かびません。

うちにもミニィがいますので。。。
いつかこういう日が来るとはわかっていても、・・・絶対に来てほしくない日ですよね。

でも、パトラちゃんは長い間TOTOROさんのお家で可愛がってもらえてよかったですね。
幸せな猫生だったと思います。


この前「うにちゃん」のブログでもびっくりしましたが。。。
元気でいた子が急にいなくなるって信じられません。

猫ちゃんって、ワンちゃんと少し違うのは
家族の中に自然な距離感を持って、静かに加わっているような、そんなところがありますよね?
今までとはおうちの中の空気感が違うと思いますが・・・
時間が癒してくれると。。。

今日みたいに雨が降っていると、涙雨のようで自然に涙がこぼれて来ちゃいそうですね。
おうちで、いちばんパトラちゃんと長い時間をすごしていたのは奥様でしょうか・・・大丈夫ですか?
TOTOROさんやご家族の皆様どうぞご自愛くださいね。

投稿: 菫 | 2016年6月23日 (木) 08時52分

菫さん、こんばんは。

はい、パトラ、虹の橋を渡っていきました。
春頃から、様子がおかしかったのでかかり付けの獣医さんに診て貰って治療をしてたんです。ただ完治せず長引くので大きな病院でCT撮ったら腫瘍がみつかり見つかった翌日急変して旅立ちました。先生も一生懸命対応してくださいましたが駄目でした。どうしてガンにと思ってしまいますが。こればっかりは解らないそうです。今は、医療も進んで普通の病気は治療出来るので長生きになり逆にガンが多くなってるんだそうです。リンパ系のガンが多いんだそうです。
急なことで気持ちの準備も無いまま、エッって感じでとっても悲しいです。
連れ帰った晩は眠るパトラを撫でながら泣いてました。今はかなり落ち着きましたが。喪失感はあります。
妻は、パトラがとても懐いていたので家の中の場所場所で、その瞬間、その場所を見る度パトラが居ない哀しみに苦しんでいるようです。外から帰ってきて一目散に駆けてきて出迎えてくれた姿が無いので悲しい思いに成ってるようです。
こればっかりは、そう簡単に切り替わることは難しいですね。徐々に徐々に気持ちに折り合いを付けていくしか無いのかなぁと思っています。

猫さんは、本当に我慢強いのでかなり悪化しないと目に見えて様子が変とは気が付きにくいです。でも普段と少し違う様子は少しあるので見逃さず、やはり早めに決断して早く行動することが大事だと思いました。
ただパトラが高齢だったので、あまり負担を掛けずに治療出来たら思ったのですが・・・難しいです。

パトラも虹の橋を渡り、体が楽になってきららと一緒に飛び回ってるのかなぁって思い、自分達も少しづつ前へ向いてと思います。

有り難うございました。

投稿: TOTORO-K | 2016年6月23日 (木) 23時15分

TOTORO-Kさん、こんばんは。
パトラちゃん、ご愁傷さまです。。
TOTOROさんはじめご家族がどれほどお心を傷めていらっしゃるか、想像するだけで辛いです。
ブログ友の皆さんそうですけれど、猫ちゃんにしてもわんこにしても、人間でないだけで我が子のような家族ですよね。
ランにいたずらしてみたり、甘えただったり、パトラちゃんの記事を見るたび愛情が伝わってきてほっこりしたものでした。
膝に乗ってて重いと言いながら、嬉しそうだったTOTOROさんを思い出してます。
実は先だって、主人の母が大事にしていた猫ちゃんも亡くなったんです。
もともと腎臓が悪い子だったので。。
とってもおばあちゃん子だったので、主人の母も喪失感に襲われているようです。

私は部外者で、ご家族の悲しみは決して想像できる範疇ではありえませんが、パトラちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
パトラちゃんの魂が、またいつかTOTOROさんと出会えますように。。

投稿: ままこっち | 2016年6月25日 (土) 01時23分

ままこっちさん、おはよう御座います。

有り難うです。
本当に懐こいこで膝に乗ったりくっついたり可愛い子でした。
でもベッタリと四六時中くっついてるわけじゃなく、良い距離感で傍に居て自分が何かして欲しい時、家族に横に来て前肢でチョンチョンって合図して「膝に乗せて」「それ頂戴」「遊んで」など、気ままに宣うお嬢様でした(あはは)
時間を掛けて思い出になっていくんだと思います。
妻に一番懐いてたので時間がかかるのかなぁと思っています。

ご主人のお母様の所の猫ちゃんも虹の橋渡ったんですね。
しばらくは部屋のあちこちで気配を感じて思う出しちゃうんだろうと思います。
上手に思い出になっていけると良いですね。

ままこっちさん、有り難うね。

投稿: TOTORO-K | 2016年6月25日 (土) 05時04分

なんと言って、お声をかけたらいいのか言葉がみつかりません。
私も、ただただ悲しいです。

パトラちゃんのサマーカットの姿を見ては吹きだしたりしてました。
ネコちゃんは、最近ではもっと長生きいてる子が沢山いるので、考えもつかなかったです。

パトラちゃんがいつもいた場所を見るだけで、涙が溢れてきて、本当に悲しいですね。

先代猫ちゃんは、きららちゃんと言うのですか?
今頃、一緒に飛び回っていますね。

こうして書いているだけで、私も涙が溢れてきて、文字がよく書けません。
ベルのことは、やっと最近笑って話せますが、TOTORO-Kさん、ご家族はお辛いですね。
パトラちゃん、安らかに・・・

投稿: ベルママ | 2016年6月25日 (土) 22時31分

ベルママさん、こんばんは。

有り難うございます。
サマーカット、こちらで見て頂きましたね。
フサフサの時と全然違う雰囲気でしたね。
コームで梳かせてくれれば良かったですが、なかなか頑固で・・・
でも今年は頑張って梳かすことが出来てたので、無しにしようねって言ってたんですが、逝ってしまいました。

ベルママさんもベルちゃんを見送られましたよね。
見送るってやっぱり寂しく悲しいですね。

先代のきららが10歳過ぎて逝ってしまい、今回パトラも10歳5ヶ月で逝ってしまいました。
妻と10歳の壁、難しいねぇって話しました。
パトラは10歳過ぎても元気だったので大丈夫だと思っていただけに悲しいです。

パトラも、虹の橋を渡り、体も楽になって先代のきららと仲良く遊んでいてくれるかなぁって思っています。

投稿: TOTORO-K | 2016年6月26日 (日) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウチョウラン2016.№1 | トップページ | 懲りずにまたチャレンジです。 »