« ウチョウラン 2016.№5(記録) | トップページ | 7月下旬のサギソウ »

2016年7月16日 (土)

お疲れ様、宜しく

2016/7/16の栽培場所(屋外)最低気温22℃ 最高気温30℃ 曇り

今回は、植物の話題では無くて自分の相棒の話しです。
10数年使った名刺入れがへたってきたので、買い換えました。

Cimg19331

数年前から探してはいたんです。でもイメージの物が無くて、今回流石に限界が来たので名古屋駅に新しく出来たJPタワー(KITTE)を覗いた時、木とステンレスの組み合わせの名刺ケースがあって、少し違う気もしましたが、この辺りでと思い決めました。木はローズウッドを選んだんですが、当日はローズウッドらしい赤味の入った物が無かったので取り寄せて貰って確認して決めました。
少しズシリときますが、まあ蜜蝋と亜麻仁油を混ぜたワックスで染み込ませながら長く使っていきたいと思っています。

Cimg19341
スマホも、3年数ヶ月使ったんですが、勝手に再起動をするようになって不都合なので夏の新機種が出たので買い換えました。
気に入ってたスマホでしたが、再起動の度に電話が切れたり操作ができないではどうしようも無いので諦めました。
昔は革紐で首から提げて胸ポケットに入れてましたが、スマホだとネックストラップを本体に取り付ける穴も無くて仕方なくそのまま胸ポケットに入れてますが、仕事上、俯いたり、急遽その場で画像を撮ったりするために資料を持ちながら、スマホ取り出して撮影とかしてると手が滑って落としそうになることが時々あり、前回スマホは1回割り肌の御影石の上に落ちましたが幸いカバーが少し傷ついて受電ソケットを少し損傷で済みました。
今回はラバー状のカバーと樹脂のフレームで押さえるケースを取り付けました。落ちたときの衝撃吸収してくれるらしいです。まあ落とさないのがベストなんですけどねぇ。

Cimg19351

|

« ウチョウラン 2016.№5(記録) | トップページ | 7月下旬のサギソウ »

コメント

こんばんは^^

すごいですねTOTOROさんおしゃれですね!
こういうかっこいい名刺入れをお持ちのかたはあまりいないと思いますよ。

文具とか小物って、男の人は凝る方もいますね。

夫は万年筆が好きだったとかで、学生時代に買ったものが先日引っ越しの時の荷物の中から出て来たんです。
私にくれるということなので、ありがたくもらいましたがまだ使っていません

スマホカバーは、私もラバーのです^^
ところで、実はこのスマホは昨年秋に購入したばかりだったのですが、今年の春になって着信音が聞こえなくなったり、Wi-Fiが入らなかったりおかしくなったのです。買ってから間もないので交換してもらえました。
機械なのでそういうこともあるのですね。


投稿: 菫 | 2016年7月18日 (月) 20時58分

菫さん、こんばんは。

有り難うございます。

> 文具とか小物って、男の人は凝る方もいますね。

そう言われると、そうかもしれませんね。
自分も昔からステーショナリーの目新しい物が出ると見て見てくなる悪い性分で、探すの大好きでした。今はかなり落ち着きましたけどねぇ。
自分の場合は、菫さんのご主人のような良い趣味のでは無くて比較的お値打ちので探すってタイプでした(あはは)

名刺入れ、革のタイプが良いですが、へそ曲がりというか、革ならブライドルレザーのようなしぶいの持ちたいんですが、高級すぎて持てそうも無いし、ならば少し個性的な物をと探してたのが以前の名刺入れでした。気に入ってたんですが、流石に10年以上経つと擦れて来ちゃて限界だったので探してたんですが、なかなか気に入った物に出会えなくて・・・
で、偶然この名刺入れに出会って決めました。
元々、木は大好きなのですが。ローズウッドとのコンビになっていたのも良かったです。
ローズウッドって所謂 紫檀 でよく家具などに使われてる木です。出来れば、その木の個性が出てる物をと思い、赤味の強いのを探して貰いました。使い込んで味が出てくれるのを楽しみにしています。出来るだけ長くつきあって行きたいと思っています。

菫さんもスマホカバー、ラバーのをお使いですか。
衝撃も吸収してくれそうですし、滑り落ちにくそうです良いですよね。
菫さん、スマホ半年でトラブルでしたか。確かに機械物なので運悪く不具合ってこともありますね。交換して貰えて良かったですね。
自分は修理に2回ほど出しましたが。不具合が再現出来ないと2回とも帰ってきて、仕方なく使ってましたが。流石に頻繁になって来たので買い換えました。機種自体は気に入ってたので、もっと使いたかったんですが・・・
今回のは永く付き合いたいです。

投稿: TOTORO-K | 2016年7月18日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウチョウラン 2016.№5(記録) | トップページ | 7月下旬のサギソウ »