« こんな時期に咲いてくれました。 | トップページ | 今までで一番綺麗に咲いてくれました。 »

2017年7月27日 (木)

2017年プルプラセンスの植え替え

2017/7/27の栽培場所(屋外)最低気温26℃ 最高気温28℃ 曇り

原種シクラメン.プルプラセンスの植え替えをしました。
花友さんから頂いたC. purpurascens 'Green Ice' (グリーン・アイス) 自分の管理が悪かったようで調子を崩してしまったので、自分流に植え替え直して再出発で頑張ります。

P72300011

鉢から抜いてみました。やはり根を傷めてしまってました。
細かめの用土の管理が不慣れで、過湿になって根を傷めてしまったようです。申し訳ないです。

P72300021
本当に申し訳ないことをしてしまいました。すみません。

P72300031
再スタートの為の用土は、左上から時計回りに、赤玉土(中粒)、鹿沼土(中粒)、SUGOI-ne、バーミキュライト、中央はマグァンプです。
プルプラセンスは林床で常緑種で完全に水を切らない管理なのでSUGOI-neを入れても大丈夫と思い入れました。完全に水を切る管理にはSUGOI-neは不向きなのでプルプラセンスに入れてます。

P72300041
プラ鉢で鉢底に日向土(中粒)を入れました。

P72300051
よく混ぜた用土を入れて植え付け

P72300061
その後、根塊ギリギリまで用土を入れます。但しSUGOI-neを混ぜて居るので用土が膨らむため少し控えめに植え付けました。

P72300071
その他の種から育てたプルプラセンスも調子を崩しているので植え変えしました。
鉢から出してみると、やはり根が・・・

P72300081
新しい葉芽や花芽が見えているので、上手く育ってくれると良いです。

P72300091
で、昨年試しにSUGOI-neを入れて育てた株が、前回もご紹介した協会から頂いた種子から育ったプルプラセンスの株です。

P72300101
鉢から抜くと根がしっかり用土を抱えてました。

P72300111
まだまだ、次の花芽もあって元気です。

P72300121
用土を丁寧に解しました。元々の用土が中粒が中心なのでほぐれやすかったです。
根塊は数個植えたと思ってましたが1株でした(あはは)

P72300131
しっかり根が出来てて元気でした。

P72300141
植え終わった後、どの鉢にもドロマイトを重しで乗せて、30分ほど腰水で充分水を吸わせて数回出したり入れたりして微塵を抜いて、棚奥の直射光が当たらない場所で管理してます。
1週間は毎日水やりをして、その後は通常の表面が乾いたら潅水するに切り替えます。
P72300151

我が家はベランダ管理のため、気温が高く蒸れやすいので、水やりは夜に行います。
これは夜温を少しでも下げるためです。我が家の場合、昼間は30℃を超えることが多く、これからは35℃を超えることも考えられます。また最低気温も25℃以上の日が続くので原種シクラメンにとっては過酷な日々になるので打ち水も兼ねて夜の水やりにしています。
我が家の場合だと、朝の水やりだと朝の水が、植物が吸収する前に水温が高くなりすぎて吸収しづらい気がして・・・・(そこまでじゃ無いのかもしれませんが)

|

« こんな時期に咲いてくれました。 | トップページ | 今までで一番綺麗に咲いてくれました。 »

コメント

TOTORO-Kさん、プチお久です~。
プルプラセンスの季節ですが、ちゃんと芽が動いていても地面の下は色々なんですねえ;
私は原シクの植え替えがちょっと苦手感あるんですよね。根っこがデリケートってイメージが強くて;
特にプルプラは開花中なので迷ったんですが、塊根が大きくなってるのを数種、昨日植え替えしました。
調子を崩さないかドキドキしちゃいます。

それにしても、いつも丁寧で尊敬します。
お花も嬉しいでしょうね^^←鉢を手で持ってジャージャー水をかけて微塵を抜くタイプ;

投稿: ままこっち | 2017年7月29日 (土) 10時00分

ままこっちさん、こんにちは。
プチお久しぶりです♪

プルプランセス、皆、それぞれ様子が違いますね。
昨年、SUGOI-neを混ぜた株の調子が良いので、その他の株も用土をSUGOI-neを混ぜた用土に変更しました。
自分も原種シクラメンの植え替えは、ドキドキです。
ただ、このSUGOI-neを混ぜた用土に関しては昨年結果が出てるので、ある程度安心して植え替えました。1週間経ちますが元気にすぎています。
ただ、この用土が使えるのは、水切りせずに管理するタイプじゃ無いと無理なので今の所、プルプラセンスにしか使っていません。
他のタイプには、まだ使用してませんが、自生している場所が林床下で比較的水を好む種ならいけるかも?ようは水を切らずに管理出来れば良いので今後探ってみたいと思っています。

今回、SUGOI-neを混ぜた用土なので、最初にしっかり水を含ませて、木材腐朽菌が働ける環境を作るため腰水をしました。
腰水したので、ついでに数回上げ下げして微塵を抜きましたが、普段は上から数回たっぷりの水やりして微塵を抜く程度です(あはは)

投稿: TOTORO-K | 2017年7月29日 (土) 16時51分

こんばんは。

すごい、いろいろ工夫されてるんですね~。
私なんておおざっぱだから、なんかどれも同じ土の配合で。。。
ある山野草やさんの配合土をネットで見つけて、「原シクにも良い」と書いてあったのでそれを使ってます。
赤玉や硬質鹿沼などの混合なのですが、中粒と小粒と2種類のものを買って、混ぜたりしています。
なんだかめんどくさがり屋なんですよ。。。ヾ(´ε`*)ゝ
TOTOROさんはさすがですよね。

原シクの植え替え、たしかにどきどきですね。
これでも前よりはだめにする確率がだんだん減ってきましたが。。。
それでもまだときどきだめにしてはがっかりしています。

投稿: | 2017年7月29日 (土) 20時26分

菫さん、こんばんは。

いや~、少しでも管理を楽にして手を抜きたいので、用土を選んでいます。用土が合っていると比較的管理が楽になります。なので植え付け時には少し頑張ってみてます。
こればっかりは、自分の水やりのタイミング等管理が違うので自分に合ったのを見付けるのが一番だと思います。

山野草屋さんお勧めの配合も良いでしょうね。
その山野草屋さんの実績があるので安心感がありますよね。
自分が使う用土は、基本、赤玉土、鹿沼土、日向土、バーミキュライト、がメインで、有機質の含まない山野草用土、冨士砂、SUGOI-ne、水苔等を場合に応じて足して作っています。それぞれの植物で配合の割合を変えて水持ちの調整などをしています。

そう、原種シクラメンの植え替えドキドキします。昨年も幾つかの株をダメにしました。
用土及び鉢の見直しをしないといけないと思っています。

投稿: TOTORO-K | 2017年7月29日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな時期に咲いてくれました。 | トップページ | 今までで一番綺麗に咲いてくれました。 »